女性必見!髪の毛全体が薄くなるびまん性脱毛症とは?

「女性なのに髪が薄くなって恥ずかしい」女性の薄毛の訴えはさまざまあります。それと同様に、薄毛になる原因も様々あります。ホルモン分泌の異常などの影響で、女性にも起こりうるタイプのびまん性脱毛症は、ほっておくと、毛髪全体に拡大する怖い病気です。

ホルモン分泌の異常で起こるびまん性脱毛症の原因とぞの対策

びまん性脱毛症は、別名「女性男性型脱毛症(FAGA)とも呼ばれるように、男性型脱毛症(AGA)の一種で、女性ホルモン分泌の異常などで女性に起るタイプの脱毛症です。
女性の薄毛の原因は、加齢変化、男性型脱毛症(AGA)、休止期脱毛症(急性、慢性びまん性)等が考えられます。
脱毛に悩むのは男性ばかりとは限りません。
皮膚科の脱毛症外来には、女性の患者さんも意外なほど多く訪れています。
ここ数年特に女性の受信者が訪れているようです。
こうした現象をとらえて、「女性にもハゲル人がおおくなった」とか「最近の女性には男性ホルモン量がふえている」といった言葉をよく聞きます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

女性と脱毛

日本女性が、着物を着て、長めの髪を引きつめるようにして、まとめていた時代には、そのヘアスタイルの影響で、部分的に脱毛することはたまにありましたのは確かです。
これを「牽引性脱毛」とか、ポニーテール脱毛等と言っていました。
しかしそれとは別の理由で、昔から薄毛を気にする女性は大勢いたはずです。
ただし男性型脱毛症のように、若いころから極端に目立つような脱毛が進まないため、薄毛をカバーするヘアスタイルにしたり、かつらやヘアピースを利用するなど、各自が解決策を工夫して目立たないようにしてきました。
男性の脱毛にも様々な原因があるように、女性の脱毛原因も様々あります。
円形脱毛症や抗がん剤などの薬物による脱毛は、もちろん男女関係なく起こります。

薄毛対策は薄毛の表れ形を知ることが大切

同じ髪が薄いと言う悩みでも、いくつかのタイプに分かれます。
自分の悩みはどのタイプでしよう。
対策を考えるうえでも必ず知っておく必要があります。
「髪が薄くなってきた」と感じたら、先ずは冷静に、どこからどんな風に薄くなってきたか、細かく観察することが大切です。
タイプにはM型、O型があり、これは主に男性に多いタイプです。
女性は円形脱毛症やびまん型が多いようです。
そのびまん型は、最初は局部的であったのが脱毛が広い範囲に広がり、やがては頭部全体が薄毛状態になる怖い症状です。
これは元になる原因を取り除けば、元に戻ることもあります。
病気や薬剤師劇が原因の場合は、元になる病気の原医の改善育毛剤で回復した症例も数多くあります。

女性特有の脱毛 びまん性脱毛症とは?

びまん性脱毛症は、当初は特定の部位の抜けであったものが、段々抜け毛が増えて行き、やがて全体的に髪が薄くなっていくのが特徴と言えましょう。
男性の場合は、生え際、頭頂部だけが薄くなる特徴を持っていますが、女性はそうした傾向はまれにありますが一般的には少ないようです。
こうした現象を心配し過ぎると、ストレスが溜まり、症状がさらに悪化する場合が離ますので、あまり気にしない方がいいでしょう。
女性の髪の毛は毛包にある毛母細胞分裂によって成長します。

ホルモンが変化する加齢変化

女性の場合、性ホルモンが著しく変化する、更年期前後の脱毛数の増加で、不安になる場合もありますが、
全頭に及ぶ軽度の変化ならば、加齢変化と考えて大挙するといいでしょう。
加齢変化とは、誰にでも生じる老化減少の一つで、病的な変化ではありません。
それでは髪の老化現象はどのような変化のことでしょう。
加齢変化は、休止期の割合が増え、成長期が短くなるために、頭全体に毛の数が減少します。
また髪が細くなり、地肌が見えやすい状況です。
毛の加齢変化は、頭部全体に及びますが、頭頂部も髪の分け目が広がったことや、両側頭部の毛量が少なくなったことに気付きやすいようです。
さらに加齢変化として、皮脂分泌が減少し、髪のつやが失われ、ハリがなくなり、地肌が目立つようになります。

びまん性脱毛症のタイプは3つに分かれる

びまん性脱毛症は大きく分けて次の3つのタイプに分けられます。1のタイプは比較的若い人に見られる現象で、頭頂部の分け目付近を中心として次第に薄くなってくるタイプです。2このタイプは主に中高年に見られる現象で、つむじを中心として薄くなっていく現象です。3個のタイプは側頭部を注寸に薄くなっていきます。びまん性脱毛症は、生活習慣の乱れや、女性ホルモンの減少な度が大きな原因と一般的に見られていますが、果たしてそれだけでしょうか。細かく考察して行きます。

びまん性脱毛症の原因は?

女性によく見られるのが頭皮の荒れ、トラブル、疾患などが結果的に薄毛や抜け毛につながっているケースです。
毛穴代わりのフケ、脂から起こる細菌性の疾患、脂漏性皮膚炎、ヘアケア用品(シャンプー、トリートメント、カラーリングパーマ)などによって、傷つけられた頭皮(接触性皮膚炎)、ストレス、過剰が頭皮の荒れにつながることもあります。
これはなるべく刺激の少ないシャンプーなどを選ぶとともに、シャンプーその他のヘアケアを実施する時は、出来るだけ頭皮を傷つけないように、気を配るよう習慣づけることが大切と言えましょう。
こうしたことに注意すれば頭皮の状況は毅然されます。

過度のダイエットによる薄毛、抜け毛の要因

今女性の一番のよりどころは、ダイエットと言っていいほど、若い人から中高年まで、エイジレスで取り組んでいます。
テレビや雑誌等で毎日のようにビフォー、アフター、はたまた健康器具、健康食品などによるダイエットのPRが氾濫しています。
それらに惑わされて、過度なダイエットにはしる女性は数多くいるでしょう。
この不適切なダイエットによる脱毛、といった症例は数多く指摘されているのが実情です。人間の毛やつめは、皮膚の最外層にあります。
行き過ぎたダイエットによってその形成に、不可欠な微量ミネラルが、腸から吸収できなくなってしまうことがあります。
そうなると、髪が伸びない、細くなる、爪が延びずに、薄くやわらかになる、皮膚がカサカサになる、と言った状況に陥ります。
そうした状況が長く続けば、抜け毛や貧血などの症状が現れる場合もあるのです。

出産後の一時的な脱毛

出産を終えた後に、抜け毛が増えたり、薄毛になったりすることが多くあります。
妊娠中は、おなかの子どもに栄養を取られますが、妊婦の髪の毛は、出産準備のために分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)などの女性ホルモンによって、成長期が維持され、抜け毛が少なくなります。
しかし出産後には、ホルモンバランスが通常の状態に戻り、成長期は、維持されていた髪の毛が一斉に休止期に入ってしまうため、出産後に、一時的に毛が抜けやすくなり、髪が薄くなってしまうのです。
通常は、抜け毛後、3~4ヵ月の時期から徐々に回復し始めます。
時に別の知友で、抜け毛に移行してしまうケースもありますので、いつまでも改善しない場合は、医師に相談した方が良いでしょう。

卵巣機能の低下による脱毛

さまざまな原因から、ホルモン分泌の減少、卵巣機能の低下が起きるケースが20代、30代の女性でも増加していると言われています。
「卵巣機能低下症」「若年性更年期障害」等とも呼ばれています。
女性ホルモンの減少は、びまん性脱毛症の大きな原因の一つです。
女性ホルモンの減少、男性ホルモンの影響の強まりなどから、脱毛が起きると言うことも考えられます。
卵巣機能の低下によって、月経不調、無月経、不正出血、発汗、ほてり、冷え、イライラなど、更年期障害と似た症状が起きることもあります。
そのような時には、婦人科医などを受診して、その治療を優先することが大切です。

甲状腺異常などの病気に伴う脱毛

髪の毛が薄くなってきたことを心配して、皮膚科などの医療機関を受診し、そこで別の病気が見つかると言うケースも、案外多く見られるものです。
比較的よく見られるケースに、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺の炎症や腫れなど、甲状腺の病気です。
バセドウ病や橋本病といった疾患が関連している場合もあります。
いずれの場合も先ずその病気の診断と治療について、医師とよく相談し、しっかりと健康を取り戻すことが一番大切です・

びまん性脱毛症唯一の育毛剤 パンガールとは

どうしてもびまん性脱毛症の治療が、長期間にわたって行われるので、短期間に回復を目指したいと言う向きには、日本で唯一のびまん性脱毛症の育毛剤があります。
それが「パンガール」です。
このパンガールは、ドイツで開発され、現在は日本を始め、世界中で使用されている育毛剤です。
この育毛剤は、髪の主成分であるケラチンや、レスティが組み合わされていますので、服用すると、脱毛を抑え、髪の毛の成長を促します。
よほどの重症でない限り、約3ヵ月で効果が表れる、育毛剤と言われています。
服用した人の約7割の人が改善された、という報告があります。
インターネットでの購入も可能です。

びまん性脱毛症のまとめ

女性の薄毛は、男性のように、前頭部から薄くなることはあまりなく、頭頂部から薄くなっていくことが一つの特徴となっているようです。
更年期を迎えると、ホルモンバランスが崩れ、加齢による自然現象、栄養状態による休止期脱毛症、女性における男性型脱毛症などと脱毛が進みます。
その他の外的因子、混合型など、様々な要因が複雑に絡まって、誘因となる場合もあります。
またパーマやカラーリング、ドライヤーの熱やシャンプー剤の残留、ストレスなど身の回りに脱毛の原因が多くなっているようです。
そして今大流行のダイエットも、過度なものは避けた方が良いでしょう。
また食生活も薄毛に与える影響は、大きいものがあります。
バランスの良い食生活を意識して、習慣づけることも大切と言えましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。