フットボールアワー岩尾のはげは芸能界NO1…!?相方後藤も驚くその薄毛とは

CpAAFOPVIAAj97b

ブサイク芸人として親しまれている岩尾望さんは、テレビで見ない日がないほどの売れっ子です。意外なことに女性からも支持を集めているようで、今後も安定した活躍を期待できそうです。しかし、一方で見ていて不安になることが一点だけあります。それは、年々薄くなっている髪の毛です。今回は、そんな岩尾望さんの薄毛のリアルな状態について迫っていくことにします。


(出典:https://pbs.twimg.com/media/CpAAFOPVIAAj97b.jpg

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

岩尾望ってどんな人?

頭髪について調べていく前に、まずはどのような人物なのかについてプロフィールを紹介します。

岩尾 望(いわお のぞむ、1975年12月19日 – )は、日本のお笑い芸人であり、フットボールアワーのボケ担当である。主な愛称は、のんちゃん。相方は後藤輝基。大阪府大阪市東住吉区出身。身長171cm、体重63kg。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E5%B0%BE%E6%9C%9B
活動期間 1995年 –現在
血液型 B型
主演作品 BE-BOP-HIGHSCHOOL 、猟奇的な彼女、東京全力少女 、映画XX(エクスクロス) 魔境伝説 、桜と印籠、神様のパズル、
引き出しの中のラブレター、さらば愛しの大統領など。

岩尾望さんは、関西大学在学中の1995年にデビューしており、既に20年以上のキャリアを積み重ねています。全国的に人気が出るまでには時間がかかってしまいましたが、関西ではかなり早い段階から評価されていた様です。ただし、デビュー当時のコンビは解散しており、現在のフットボールアワーとしての活動は1999年からです。そして、2003年のM-1グランプリ優勝を契機として、一躍全国区でブレイクすることになります。

以降は、お笑いというジャンルにとどまらず、様々な分野に活躍の場を広げていくようになります。なお、既に40代に入っているということを考えると現在は薄毛でも仕方がないのかもしれませんが、薄くなりだしたのはかなり前のことのようです。


(出典:http://p.twpl.jp/show/large/zsE07

岩尾望の髪型の歴史

それでは、岩尾さんの薄毛について検証していくことにします。若い時から現在まで、どのように変化したのかを見ていきましょう。


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/sleepy0130/imgs/2/1/2149e996.jpg
関西大学の卒業アルバムだと思われますので、22歳の頃のものです。少し遠目の写真なのでわかりにくいですが、少なくとも薄毛を思わせるような部分はありません。


(出典:http://www.h2.dion.ne.jp/~neko_ta/dress1.jpg
こちらは、フットボールアワーの前のコンビのドレス時代のものです。正確な時期は分かりませんが、1990年代の後半、つまり岩尾さんが20代前半の写真ということになります。こちらも、頭髪について問題を感じることは特にないようです。


(出典:http://www.m-1gp.com/archive/2003/img/champ.jpg
2003年M-1グランプリ優勝時です。この時の年齢は28歳で、歴代最年少だったのですが、既に薄毛が進行しているように見えます。ちなみに、この頃に放送されていたテレビ番組の中でも、コンビを組む後藤輝基さんが岩尾さんの頭髪が薄くなってきているということを語っていた記憶があります。

このような状況を背景にして、薄毛に悩むお笑い芸人を集めて一大プロジェクトが実施されることになります。

(出典: http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20090521/66316_200905210559073001242900905c.jpg

岩尾望も参加したK-BO-BO-プロジェクト

2008年の4月にスタートしたK-BO-BO-プロジェクトは、育毛シャンプーのスカルプDのテレビコマーシャル企画で、岩尾さんをはじめとして、FUJIWARAの原西孝幸さん、雨上がり決死隊の宮迫博之さん、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんなど薄毛のタレントが育毛に取り組むという内容です。


(出典:http://file.tokoya.blog.shinobi.jp/main.jpg
ご覧のように、この中でも岩尾さんの頭髪のボリュームのなさが、一際目についてしまいます。ちなみに、このプロジェクトをきっかけとして、スカルプDは大ヒットを記録し、育毛シャンプーとしての地位を確立しています。

なお、このK-BO-BO-プロジェクトでの岩尾さんの頭髪の変化は、このような感じです。


(出典:http://www.inlifeweb.com/up_img_dir/5469/iwao.jpg
スタート時にはかなりの段階にまで進行していた頭頂部の薄毛が、1年後に大部分が埋まっていることが認識できます。このプロジェクトでどのような育毛を行ったのかについては正式に公表されていませんが、この時に一緒に参加していた宮迫さんがプロペシアとミノキシジルを服用していたということが後に明らかになっており、おそらく岩尾さんも同じことをしていたのではないかと考えられます。


(出典:http://ke-situ.com/hage/wp-content/uploads/2012/11/K-e1353095909515.png

岩尾望が発毛に成功した理由

岩尾さんなどK-BO-BO-プロジェクトに参加したメンバーが実践したと考えられているプロペシアとミノキシジルは、現在の薄毛治療の中で最も期待できる方法です。皮膚科学の社団法人である日本皮膚科学会が2010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインでは、プロペシアは内服治療の第一選択薬、ミノキシジルは外用治療の第一選択薬に指定しており、強く推奨できる治療法として紹介しています。

この男性型脱毛症とは、AGAとも呼ばれているもので、男性の薄毛の大部分を占めている症状です。男性ホルモンのテストステロンが変化して生産されるDHTという物質が原因であり、この物質のもとになる特殊な還元酵素が分布している生え際から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化するということが特徴です。

もう少し詳しく言うと、DHTには皮脂の分泌量を過剰にする作用と頭髪の成長期を短縮する作用があるので、頭皮がオイリーな状態になると共に、短い状態での抜け毛が増加するようになります。そして、最終的には毛根が機能しなくなるので、いわゆるハゲと呼ばれる頭髪がない状態にまで進行します。

ちなみに、日本人男性の3割前後に見られる症状で、20歳代後半から30歳代にかけて発症するのが一般的です。これは、まさに岩尾さんが薄毛になりだしたときと合致しています。

なお、この症状に対してプロペシアは抜け毛予防、ミノキシジルは発毛促進の効果を発揮します。これらを組み合わせて行う治療のことは、一部ではミノフィナ療法とも呼ばれています。その具体的な内容は、プロペシアによりAGAのもとになる還元酵素を阻害して脱毛要因を取り除き、ミノキシジルにより発毛に関与している毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化するというものです。


(出典:http://romi.chu.jp/img/etc/s_iwaob.jpg
このように、短期間でここまで発毛したのは、ミノフィナ療法以外では考えられません。ところが、このように発毛に成功したにも関わらず、岩尾さんの頭髪はプロジェクトが終了した後に再び劣化することになります。

プロジェクト後の頭髪

1年間かけて行われたK-BO-BO-プロジェクトに参加したことで改善したように見えた岩尾さんの薄毛は、残念ながらその後は再び進行してしまいます。その進み方についてみていくことにしましょう。


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/aaaaazuki21/imgs/1/0/10e60e12-s.jpg
これは、2012年ごろのテレビ番組での一コマです。プロジェクト終了時よりも薄くなっているというよりも、スタート時に戻ってしまったように見えてしまいます。


(出典:http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20080416/53804_200804160145903001208340414b.jpg
こちらは、2014年に行われたイベントでの岩尾さんです。さらに、薄毛が進行しているように見えます。少なくとも改善しているとは、言えないようです。何故、このような状態になってしまったのでしょうか?次節では、その理由について考えていくことにします。

逆戻りしてしまった理由

薄毛に逆戻りしてしまった理由は、おそらくプロジェクト時に行っていたミノフィナ療法をやめてしまったからだと考えられます。これらの方法は、根本的な問題を改善するという内容ではないので、中断すると再び元の状態に戻ってしまいます。

まず、プロペシアはAGAの原因物質であるDHTの生産に一端を担っている還元酵素の活性を抑止するというもので、毛根や頭髪に対しての作用は何もありません。つまり、単に原因物質の生産を阻害するというだけで、しかも作用は4時間から8時間程度しか持続しません。このために、毎日服用しなければ効果は発揮されなくなり、プロペシアの服用をやめると再びDHTが作り出されるようになるので、AGAが進行することになります。

一方のミノキシジルは、元々は降圧剤として使用されていた成分で、血管を拡張するというのが具体的な働きです。血管を拡張することで血液の流れが良化し、毛根の内部に存在している毛乳頭細胞や毛母細胞が活性化することで発毛を実現するという仕組みです。

こちらも使用を中止すると血液の状態は元通りになるので、毛乳頭細胞や毛母細胞は薄毛の時と同様に停滞したままとなります。つまり、抜け毛が増加するうえに発毛もスムーズにいかなくなるので、薄毛の進行が再開されることになります。

なお、岩尾さんがミノフィナ療法を行っていたということは明らかにされていないので、やめたかどうかということも断定することは出来ません。ただし、このような短期間で効き目がなくなるということは考えられないので、薄毛が進行したのは治療をやめたことが原因とみて間違いないようです。


(出典:https://i.ytimg.com/vi/RZXQJzPemUg/mqdefault.jpg

まとめ

岩尾さんの薄毛は、一度改善した後に再び元の状態へと戻ってしまい、現在に至っています。ただし、ハゲと呼ばれるような段階にまでは進行しておらず、ぎりぎりのところで踏みとどまっているようにも見えます。これは、K-BO-BO-プロジェクトに参加した時に得た知識が生きているのかもしれません。

岩尾さんが実践したと推測されるミノフィナ療法は、クリニックで受けるのが基本です。このクリニックでは、AGAなどの薄毛を専門としている医師が診察を行っており、ミノキシジルやプロペシアの処方以外にも食事や日常生活の過ごし方についての指導も実施しているのが一般的です

これは、無理なダイエットによる栄養不良型の脱毛症や生活習慣の乱れが原因で薄毛となるケースがあるからです。これらは、AGAと複合的に進行することもあるので、ミノフィナ療法と共に生活の見直しを実践することにより、薄毛からの顕著な回復が可能となります。

また、このような生活習慣に関する指導を受けたことにより、睡眠や食事に気を使うようになれば、それだけのメリットは享受できます。つまり、栄養不良やストレスによる抜け毛を防げるということです。これが、ミノフィナ療法をやめたにも関わらず、何とかハゲずに踏みとどまっている理由なのかもしれません。

いずれにせよ、岩尾さんの今後についても要注目です。もしも薄毛が改善した場合は、何か行っているということは間違いありません。なぜならAGAは、自然に治るということはありえないからです。活躍を願うと共に、頭髪についてもしっかりと見守っていきたいと思います。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。