シャンプーは薄毛を増長させる?やたらと髪が抜けるのはなぜ?

シャンプーは本当に必要なのか?

日常生活を送る上で人間は必ず汗をかき、意識して運動をしていなくても皮膚汚れていきます。もちろんそれは頭皮であっても同じことで、特に髪の毛は人間の体の中でも汚れが付きやすい箇所です。

その汚れを落とすために行うのが「シャンプー」なのですが、シャンプー中にふと手を見てみるとべったりと抜け毛が付いていた……そんな経験をしたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

スポンサードリンク

もちろん、抜け毛や薄毛の原因はシャンプーだけの問題ではありません。生活環境や遺伝的なものも含めて様々です。

ですが、シャンプーに対しての知識とその方法を覚えることで、抜け毛の防止や頭皮の活性化を図ることが可能になります。逆に言えば、間違ったシャンプーの仕方は頭皮の寿命を縮める事にもつながりかねませんし、それこそ薄毛や抜け毛を増長させる原因となってしまいます。

つまり、シャンプーの仕方や取り組み方を変えれば、抜け毛の悩みも解消される可能性が大いにあり得ます。直接的な原因でないにしろ、良いシャンプーの仕方を覚えれば抜け毛や薄毛のリスクを軽減することにつながるのです。

ここではシャンプーの選び方からその方法、アフターケアまで流れでまとめてご紹介したいと思います!

「女性向けシャンプー」に潜む落とし穴!

ドラッグストアなどでシャンプーのコーナーをのぞいてみるとその大半が女性向けであることが分かります。中にはそれなりの価格がするものも存在することや、コマーシャルなどで「髪にうるおいを」といったような言葉を耳にするため、女性向けのシャンプーは「髪に良い」と思い込みがちではないでしょうか?

実は男性と女性の頭皮の状態はほぼ真逆の性質を持っており、男性は皮脂の分泌量が多く、逆に女性は少ないために頭皮が乾燥しやすくなっています。

その為、基本的に男性向けのシャンプーは「洗浄力」に重きを置き、頭皮が乾燥しやすい女性向けのシャンプーは「保湿力」に重きを置いて作成されています。女性向けのシャンプーは頭皮の油分を洗い流しすぎないように洗浄力もある程度控えめに作られています。

つまり、男性が女性向けのシャンプーを使用すると皮脂の汚れが十分に洗浄することができずに汚れた皮脂が毛穴を防ぎ続けしまい、かゆみやフケそして抜け毛の原因となる可能性が高まります。

場合によっては男性であったとしても女性向けシャンプーのようなタイプが合うこともありますが、そういった際には保湿重視の男性向けシャンプーも販売されていますので、コチラを使用することをオススメします!

シャンプーを使う前に……。

「シャンプーの後にしっかりと髪をゆすぐ」この考え方や感覚は多くの方が持ち合わせているかもしれませんが、実はシャンプーをする前でも非常に重要なことをご存知でしょうか?

シャンプー前の段階をシャンプーの泡立ちをよくするために髪を“濡らす”のではなく、髪を“洗う”と考えを改めるだけでも、シャワーを浴び続けることで頭皮に潤いを与えるだけでなく、温まることによって毛穴が開き、たまった汚れが落ちやすくなる効果があります。

実は、このシャンプー前のすすぎをしっかりと行うことで、頭皮に付着している汚れの約7~8割前後はこの工程で落とすことが出来ると言われています。ですから、この段階で手を抜いてしまうと髪や頭皮の汚れが溜まったままになってしまうわけです。

また、シャンプー時の湯温は38度前後が良いとされています。理由としては、髪や頭皮はあまり熱に強くないため、熱湯で髪を洗ってしまうと傷ついてしまう可能性がある為です。

効果的なシャンプーの仕方とは!

十分にお湯で洗い、いざシャンプーを使って洗う際も、ひと手間加えるとより効果的です!

それが、シャンプーを手のひらで軽く泡立ててから使用するということ!直接シャンプーを頭皮につけてしまうと、頭皮にとって刺激が強すぎることに加え、スタート位置に多くの原液が固まってしまい全体に巧くなじまない可能性もあります。

また、頭を洗う際にありがちなのが汚れをしっかり取ろうと考えて爪を立ててガシガシと頭皮をひっかくように力強く洗ってしまうパターン。

強くこすれば「よく洗ったから汚れが落ちた!」と感じるかもしれませんが、結果的に皮脂を傷つけてしまい炎症の原因や、傷ついて皮脂を再生するために古くなった皮脂が剥がれ落ち、フケの発生の原因にもなります。

指先で洗うのではなく、指の腹を使って揉むように洗うのがポイントです。先ほどもお伝えしましたが、最初にお湯でしっかりと洗い流していれば汚れはほとんど落ちています。無理に力を入れてこする必要はありません。

髪の毛や頭皮を「洗う」という感覚ではなく「なじませる」といった感覚でシャンプーを行うとよいでしょう!

洗うだけではダメ!乾かし方にも要注意!

ここまでシャンプーをしっかりしたとしても、最後の最後まで気を抜いてはいけません。髪の乾かし方にも要注意が必要です。

まず、あまりオススメできないのは自然に乾燥させる方法。髪に覆われている頭皮を濡れたままにしておけば当然雑菌が繁殖してしまい、かゆみやフケの原因になってしまい、抜け毛の要因ともなってしまいます。

スポンサードリンク

とはいえ、ドライヤーを使って乾かす場合も頭皮に熱さを感じるような温風で一気に乾かすのは、よろしくありません。髪や頭皮は熱に弱いというのは、先ほどの湯音の際にお伝えいたしました、熱風をあててしまうと、ダメージを与えてしまうことにつながります。

くわえて、シャンプーで髪に与えた潤いが飛んで行ってしまい、必要以上に乾燥してしまう為頭皮にとって良い状態とはいいがたくなってしまいます。

髪の量が多い方や、髪の長い方は、まずドライヤーをあてる前に清潔なタオルで髪を挟んだり、軽く叩くなど、水気を吸わせるような形をとってから十分にドライヤーを頭から離し、髪を乾かすのではなく頭皮を乾かすような形を取るのが理想的です。

また、ドライヤーをあてながら髪をワシャワシャと指でとかす方もいらっしゃると思います。シャンプーの仕方の部分でもご紹介しましたが、髪や頭皮に傷をつけてしまう可能性があります。

髪をとかす場合はドライヤーでしっかりと水気を飛ばしてから優しくブラッシングしてあげるのが良いでしょう。キッチリとタオルで水気を拭き取っておけば、無理にブラッシングをせずともしっかりと髪は乾いてくれます。

一部の芸能人も愛用!「湯シャン」は薄毛に効果的?

シャンプーに関して調べていく中で「湯シャン」という言葉を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?意味としては「お湯のみでシャンプーをする」といったものになります。

この湯シャンの狙いは、シャンプーによって皮脂を過剰に落としすぎる→体が皮脂を多量に分泌させてしまう→結果として頭皮の皮脂が増えてしまい、頭皮のトラブルにつながる。といったこの一連の流れを、お湯だけで洗うことによって正すのが目的です。

これにより、頭皮にとって自然で一番いい状態をキープできるため、髪の潤いや抜け毛対策にも大きな効果があると言われており、一部の芸能人や医師なども推奨している方法です。

かゆみ、フケ、うるおい、抜け毛に対して効果があり、続けていくうちに臭い等も気にならなくなり、シャンプー代の節約にもなるなど、一見いいことづくのように思えますが、この湯シャンも人によっては向き不向きがあるため、一概にこの方法がいいとは限りません。

まず、普段の職場や生活において、体に臭いが付きやすい環境下にいる人は要注意が必要です。強い臭いが髪についている場合は、やはり通常のシャンプーである程度汚れやにおいを落としたほうが良いでしょう。

また、汗を多量にかく場合も同じです。汗自体に皮脂の汚れが付着していることや、埃などが付着しやすくなる為、湯シャンでは不十分な場合があります。

元々頭皮の皮脂が多い方も注意が必要です。そういった方の場合は、シャンプーの洗浄作用である程度皮脂を落とすことが重要となってきます。

その人の環境や体質によって湯シャンが有効な手段かどうかは大きく変わってきます。実践してみる場合はまず期間を決め、自分に合っているかどうかを判断しましょう。

朝シャンは危険!

前日の夜に忙しくてお風呂に入る時間がなかったから……。
夜暑くて汗をたくさんかいたから……。
朝にシャワーを浴びると気持ちいいから……。

こんな様々な理由から、朝からお風呂に入る方も多いのではないでしょうか?

もちろん必要に応じて朝からシャワーやお風呂に入らなければならない時もあるかもしれませんが、朝シャンを習慣化してしまうと、頭皮にとっては非常に危険です。

皮脂は紫外線やほこりから頭皮を守る役目も果たしています。つまり朝からシャンプーをして油脂を洗い流してしまうと、頭皮にとって必要な皮脂も流してしまい結果的に痛めつけてしまうことに繋がりかねません。

何より、朝の忙しい時間だとシャンプーに十分な時間を割くことが難しくなりがちです。これまでご紹介したように、良いシャンプーの仕方を実践するには十分な時間も必要です。髪や頭皮のことを考えるならば「朝シャン」はなるべく控えたほうが賢明でしょう。

良いシャンプーの仕方に共通することとは

最後に、これまでの内容をおさらいしてみましょう!

・自らの髪質、頭皮の状態にあったシャンプーを選ぶこと。
・最後だけでなく、最初のゆすぎでも手を抜かず、時間をかけること。
・シャンプーは優しく丁寧に。
・自然乾燥はNG。ドライヤーも扱いに要注意。

この一連の流れを見てお分かりいただけるかもしれませんが、良いシャンプーの仕方はシャンプー自体というよりもその前後の作業「ゆすぎ」が重要となってきます。

逆に言えば、いくらシャンプー自体にこだわったとしても、ゆすぎの作業がおざなりになってしまうと十分な効果を発揮することが難しくなってしまいます。

そして何より、一つ一つの工程にしっかりと時間をかけるということが重要です。

確かに、面倒だと思われることもあるかもしれませんが、抜け毛や薄毛を抑止する効果のほかに、丁寧な髪のケアはリラックス効果もあるため実際に行ってみると時間をかけるだけの価値を感じられるのではないでしょうか!

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。