若ハゲって結局治るの?口コミや対策から検証してみた

若はげとは?

薄毛は中高年の方だけではありません。
10代や20代などの
若い年齢層の方でも起こりうる症状です。

「若ハゲ 対策」の画像検索結果

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

出典http://matome.naver.jp/odai/2134556442449647501

年齢を重ねるにつれて血液循環が低下してきて、
髪の毛まで栄養素が行き渡らなくなるということは考えられるのですが、
若年層の場合は老化とは別に、
ストレスや遺伝による影響で薄毛になってしまうことが多く、見られます。
このような若い方の薄毛の症状を若年性脱毛症と呼んでいます。
年齢がある程度いってからの薄毛は頭頂部や生え際のM字部分などの、
いわゆる男性型脱毛症と呼ばれる症状が目立つのですが、若年性脱毛症の場合、
特定箇所ではなく後頭部やこめかみ部分の側頭部など、
部位を特定せずありとあらゆる場所に薄毛が発症してしまう傾向にあります。
若年性脱毛症の場合はストレスによるものが大きく、
仕事で圧力やプレッシャーを感じたり、人間関係が芳しくないと
日々ストレスを溜めた状態になって毛細血管の収縮を持続してしまい、
特定部位に血液が上手く行き渡らなくなり、薄毛が発症してしまうということがあります。

「若ハゲ 対策」の画像検索結果

出典http://www.logsoku.com/r/open2ch.net/news4plus/1457953685/
ストレスを感じている方はほぼ24時間、例え睡眠をとっていても脳が完全に休息状態ではなく、
血液が収縮している状態になっています。
この状態は交感神経が働いている状態と言い、
これは脳が起きていて常に活動しているときだけに働きます。

しかし、人間の血液はポンプのように収縮と膨張を繰り返しています。
ストレスを溜めた状態だと膨張の時間がないということになります。

人間の体は休まった状態の副交感神経と、
働いている状態の交感神経の両方を上手くキープしなければいけません。
割合としては交感神経と副交感神経はできるだけ同じような状態働かせるのが理想的です。
例えば、朝仕事に行き、夜7時ぐらいに帰宅してからはできるだけリラックス状態をキープする必要があります。
この状態がまさに副交感神経を働かせている状態です。
こうした生活習慣をキープすることができれば、
血流の流れも良くなって若ハゲの原因となってしまう薄毛も徐々に抑制されていくはずです。
副交感神経は例えば食事を摂っているとき、リラックスしてテレビを見ているとき、
音楽を聴いているとき、お風呂に入っているとき、睡眠をとっている時に働く機能です。
また、この交感神経と副交感神経をスムーズに働かせることができれば、
胃酸が増えて腸の動きが活発になり、食欲がさらに沸くということが可能になります。
そうなると血液循環を良くするための食事が可能になって、
より一段と発毛に必要な栄養素を脳に送ることができるという好循環が生まれます。

若はげの対策方法

①食生活

頭皮への影響がある生活習慣として、食生活が挙げられます。
食事は頭皮の毛細血管や血流、栄養素の生成に大きく関わってくるため非常に重要です。
血管が詰まりがちなコレステロールの高い食材を毎日食べていると、血管が詰まって頭皮までしっかりと栄養が送られないということになってしまいます。
それを避けるためにも、抗酸化作用と血流促進作用のある、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ果物や野菜をとることが大切です。
特にビタミンCを豊富に含んだ食材は血液の循環に大いに役立ちます。ピーマン、ブロッコリー、ゆず、パセリ、レモンなどは非常に多くの含有量を誇っています。
ピーマンやブロッコリーは調理次第でいろいろな食べ方ができますから、意識的に摂取したいところですね。
「食生活」の画像検索結果

②睡眠時間

最も身近な薄毛の要因として挙げられるのが、生活習慣です。
不規則な生活を送っていると頭皮に悪影響を与え、薄毛が進行してしまう可能性が高まってしまいます。特に若いときは無理な食生活や睡眠不足に陥りがちです。
そういったことがボディーブローのように頭皮にダメージを徐々に与えていくというわけですね。
「睡眠時間が短い」「睡眠時間が不規則」だと髪に悪影響を与えてしまいます。
成長ホルモンの分泌は夜10時から深夜2時ぐらいが一番活発と言われており、この時間に就寝できなかったり、就寝できたとしても睡眠時間が不足していると副交感神経がしっかりと休まらず、血管の活性化がされずに毛乳頭までしっかりと血液が送り込まれないという悪循環が生まれてしまいます。
さすがに夜10時に就寝というのは無理かもしれませんが、それに近い時間帯に出来るだけ就寝するよう心がけると良いでしょう。
「睡眠時間」の画像検索結果

③育毛剤を使う

育毛剤は現在生えている髪の毛の維持、脱毛防止、細い髪の毛や産毛の強化といったことを目的とした商品です。養毛剤より強い作用を求めていて、髪の毛の質を変えたいと考えている方が使用する商品といえるでしょう。
こちらは薄毛に悩んでいる男性が主に使用している商品ですが、男女兼用のものや、女性用のものもあり、近年増えている女性の薄毛にも対応した商品といえます。
成分的には医療用として使われるものはなく、ほとんどが医薬部外品に該当します。ただし一部の育毛剤には医療現場でも使われているカルプロニウム塩化物水和物が配合された育毛剤もあり、こちらは第2類医薬品、又は第3類医薬品に該当します。

「育毛剤」の画像検索結果

出典http://shiery.jp/I374c58e

④発毛促進剤を使う

育毛剤とは違い、今生えている髪の毛だけでなく、新たな毛髪を生みだそうという作用がある商品です。
薄毛の進行が激しい方は、発毛促進剤を使用した方が良いでしょう。ただ、現在日本では発毛促進剤と呼ばれる商品はごく一部となっています。発毛促進剤と認定されているものはミノキシジルが配合されたもののみ!
こちらは第1類医薬品の扱いとなり、薬剤師から商品について使用上の注意など、説明を受ける必要がある商品です。作用が高まる反面、かゆみやかぶれなどの副作用が出る確率もあります。発毛促進剤は第1類医薬品に該当する商品です。

「発毛促進剤」の画像検索結果

出典http://beautiful-collection.net/%E7%99%BA%E6%AF%9B%E5%8A%9B%E3%82%92%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99%E7%99%BA%E6%AF%9B%E4%BF%83%E9%80%B2%E5%89%A4%EF%BC%81%E3%80%90%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%EF%BC%88/

⑤医師に相談する

AGAは別名、「男性型脱毛症」と呼ばれています。
男性に特化した薄毛の進行を表すもので、頭頂部が薄くなったり、生え際のM字部分が薄くなるなどの兆候が出た場合は、間違いなくAGAが進行しているといえるでしょう。
このような薄毛の兆候は女性には見られず、男性特有のものです。その要因としては男性ホルモンと還元酵素の5aリダクターゼが影響しています。
男性ホルモンはもともと若いうちから、どなたでも持ち合わせているものです。しかし中高年になってくると、この男性ホルモンと5aリダクターゼが結合してしまう可能性が高まってしまうのが薄毛の最大の要因です。
すなわち、男性ホルモンを抑制するということよりも、5aリダクターゼを阻害するということを意識した薄毛改善の取り組みが必要になってくるわけです。

AGAの進行が始まってしまったら、普段の生活の中で改善するのは非常に難しいです。
生活習慣を見直したり、食生活を見直しても薄毛の進行を食い止めるのは難しいでしょう。そこで大切になってくるのが育毛ケア!
具体的には、サプリメントや育毛シャンプー、育毛剤、内服薬などでの対応が効果的です。
特に薄毛の進行が激しい場合は、内服薬は欠かせません。日本の病院やクリニックでもプロペシアを処方しているところがほとんどです。
現在、安全性が確認できて、日本で使用できるものの中では最も効果があるといわれる内服薬です。
しかし保険が適用されないため、値段的に毎月8000円程度してしまうというのもネックです・・・。
そういった状況もあって、海外からプロペシアと同じような作用を兼ね備えているフィンペシアやエフペシア、デュタスなど取り寄せて使用している方も多くいらっしゃいます。

「医師」の画像検索結果

出典http://ganka.doctor-on-line.com/doctor/

口コミの検証!

私の結論として、「多くの若ハゲは治ります」
というか、若ければ若いほど、薄毛を改善できる可能性は高くなると考えます。
なぜなら、若いのにハゲている、という状態は正常ではなく、健康的な生活さえすれば復活する確率が高いからです。
髪の毛というのは、末端の組織です。
端っこにある組織なので、全身の血行が悪くなってくると、真っ先に髪の毛に栄養が届かなくなります。
髪の根元、毛包の周囲は、それはもう細かく網の目のような毛細血管がぎっしりとあります。 その場所で毛根をつくるために、日夜休まず激しい細胞分裂が繰り返されているのです。 それを助けるためには、血液からアミノ酸を始めとする大量の栄養を休まずに送り込まなければいけません。 ですから、何かの理由で血行が悪くなった場合、育毛に良くない影響が出てくるのは当たり前のことです。
どうやら治る可能性はあるようです。
まずはご紹介した対策法から始めてみてはいかがでしょうか?
悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。