天才は全員ハゲている?【驚愕の事実】

ochyanomizu

頭皮がむき出しになっている状態のことは俗にハゲと呼ばれており、見た目においてかなりのマイナスポイントとなってしまいます。特に、異性に対してのイメージは最悪で、恋愛や結婚が思うようにいかなくなるケースも少なくはありません。このために、改善するためのアイテムが多数開発されており、10年ほど前からはクリニックでの医師による専門的な治療もスタートしています。

なお、頭髪は栄養素の残りの部分を材料として作られている部分で、全てなくなったとしても死んでしまうようなことはありません。実際に、高齢者の内のかなりの割合でハゲは存在しており、健康に悪影響を及ぼすような症状ではないと断言できます。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

また、ハゲているからといって能力が劣っているというわけではなく、それどころか極めて優秀な人も多数存在しています。これから、その中でも特に天才と呼ばれているような人達について紹介しながら、その理由について考えてみることにしましょう。

ハゲの仕組み

ハゲは、頭髪を生産する皮膚付属器官の毛包のサイズが縮小することで軟毛化すると共に、寿命が短くなってしまうことで進行する症状です。また、圧倒的に男性に多く見られるということが特徴で、年齢を重ねるにつれて全体に占める割合は高くなります。ちなみに、日本人の場合は、20歳代では約10%にすぎませんが、30歳代では20%、40歳代は30%と増加し、50歳代以降は40数%と最終的には半数に近づくことになります。

なお、このように男性に多い理由は、ホルモンの働きが関係しています。思春期に分泌量が急増する男性ホルモンのテストステロンは、筋肉や骨格の増大に関与している物質ですが、この内の一部は還元酵素と結合することで10倍強力なDHTというものに変化します。

このDHTは、テストステロンをサポートすると共に男性性器の発育をサポートするという役割を担っているのですが、毛根内部の受容体と結合した場合は、脱毛症の原因物質として作用することになります。具体的には、皮脂の分泌量を過剰にすると共に、数年にわたって持続するはずの頭髪の成長を短縮するという内容です。

これにより、毛根は皮脂に塞がれて発育不良の状態となり、さらに長く伸びることなく抜け落ちるようになります。つまり、細くて短い毛が占める割合が大きくなるので、頭髪のボリュームが著しく不足してしまいます。最終的には、毛根の機能は完全に失われるので、髪の毛は生えてこなくなりハゲてしまうという結果になります。

これが、男性のハゲの基本的な仕組みです。ちなみに、正式名称は男性ホルモン型脱毛症で、AGAなどとも呼ばれています。近年は、女性型AGAという症状が増加していると報告されていますが、基本的には男性特有の症状と考えられています。ちなみに、これから紹介していくハゲている天才の人も一人の例外なくすべて男性です。


(出典:http://icumo.com/wp-content/uploads/2015/12/ar01.jpg

ハゲと天才の関係

男性の薄毛は、原因物質の生産にかかわっている還元酵素が生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているので、この部分にハゲが集中するのが特徴です。これらの内で、生え際が後退するタイプはM字ハゲ、頭頂部が薄毛となるのはO字ハゲと呼ばれています。

ちなみに、このAGAの発症に関与しているテストステロンやDHT、還元酵素の5αリダクターゼなどの物質は全ての人の体内に存在しているのですが、前述したように発症するのは半数未満にとどまっています。つまり、これらが存在していること自体が、ハゲにつながるというわけではないということです。

では、何が発症に関与しているかというと、5αリダクターゼの分量や毛乳頭細胞の受容体におけるDHTに対しての感受性が関係していると考えられます。そして、前者が原因でハゲてしまった人は能力が高い可能性があります。それは、AGAの原因物質のDHTは、意欲を向上させるという作用があるからです。

つまり、5αリダクターゼの分量が多いということは、テストステロンとより多く結合するので、DHTの生産量も多くなります。これにより、ヘアサイクルが狂わされてしまう確率は高まりますが、一方でやる気を高めるという効果も享受することになります。これが、ハゲに天才が多いことを示す一応の根拠で、モチベーションが向上するというDHTの作用がベースとなっています。それでは、次節以降、天才と呼ばれているハゲている人を具体的に見ていくことにしましょう。


(出典:http://www5a.biglobe.ne.jp/~ooommヴィンチm/ochyanomizu.JPG

ハゲの天才1.レオナルド・ダ・


(出典:http://home.kingsoft.jp/showLrncimg?url=https%3A%2F%2Fd1uzk9o9cg136f.cloudfront.net%2Ff%2F16781465%2Frc%2F2015%2F06%2F02%2Ffdcf145f41432105c00a1499d6546288a7f75b72.jpg
モナ・リザの作者として知られているレオナルド・ダ・ヴィンチは、ルネサンス期を代表する芸術家ですが、数学や解剖学、建築、天文学など多種多様なジャンルで顕著な業績を残していることから、万能の天才とも呼ばれています。

なお、自画像とされているものを見ればわかるように、生え際から頭頂部の頭髪がなくなっている典型的なAGAです。このために、様々な分野で能力を発揮したのは、ハゲの原因物質による意欲の向上が関係しているのかもしれません。

ハゲの天才2.チャールズ・ロバート・ダーウィン


(出典:http://sciencewindow.jst.go.jp/html/sw25/images/sr_evolution_02.png
種の起源で知られるチャールズ・ロバート・ダーウィンは、写真が残っており、かなり若い時代からハゲていたことが判明しています。


(出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-72-19/bgytw146/folder/1036808/51/30000651/img_0


(出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Charles_Darwin.jpg/220px-Charles_Darwin.jpg

ちなみに、上が30歳前後で下は50歳前後です。共に、AGAであることを示す顕著な特徴を見てとることが出来ます。バイタリティーにあふれた多数の業績の背景には、男性ホルモン由来の物質のパワーの影響が濃厚です。また、10人もの子供を作っているように、性機能も頑健であったことも重要なポイントです。

ハゲの天才3.ライト兄弟


(出典:http://www.tatsuzine.com/wp-content/uploads/2011/10/WrightBrothers.jpg
世界で初めて有人動力飛行に成功したウィルバー・ライトとオーヴィル・ライトは、ライト兄弟として広く知られているように、実の兄弟です。兄のウィルバー・ライトは45歳で亡くなっているので、上の画像はそれよりも若い時代のものということになりますが、かなりの薄毛の進行具合を見て取ることが出来ます。

ちなみに、AGAは母型からの遺伝が強く関係していると考えられており、兄弟が共にハゲるというケースが少なくはありません。このために、医療機関でのAGA治療では、家族の頭髪の状態について問診が実施されます。この意味は、ライト兄弟の頭髪を見ると、一目瞭然で、薄毛の原因を特定するうえで極めて有効です。

ハゲの天才4.湯川 秀樹


(出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/7b/Yukawa.jpg
1949年に中間子理論の提唱により日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹も、かなり若い時代から生え際が後退しており、偉大な頭脳を持つハゲの一人としてカウントするべき人物です。アイデアの秘訣は、執念であるという名言が知られているように、DHTによる意欲の向上が偉業の達成につながっているのかもしれません。

ハゲの天才5.ジョン・フォン・ノイマン


(出典:http://www.nathanmyhrvold.com/site-images/john_von_neumann_cropped.jpg
ジョン・フォン・ノイマンは、20世紀の科学史における最も重要な人物であり、人類史上最高の天才と評価されるほどです。6歳の時点で8桁の割り算を暗算で計算していたり、8歳で微分積分をものにしたという逸話が残されているように、その驚異的な計算能力は悪魔の頭脳という異名で呼ばれています。

また、このように幼少時に天才的なエピソードを持つ人物は、その大部分は単なる早熟型で、20歳以上に輝きを放つことはほとんどありません。しかし、ジョン・フォン・ノイマンの超人的な頭脳については、生涯を終えるまで評価が落ちることはありませんでした。

なお、この最高級の頭脳を持つ数学者も、これまで紹介してきた人物と同様にAGAです。上の画像は1940年ごろのもので、まだ30代の写真ですが、前頭部の頭髪は既に消失しています。なお、秘書のスカートの中を覗くのが趣味だったというエピソードからは、男性ホルモンの過剰分泌が推測されます。

ハゲの天才6.スティーブ・ジョブズ


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/aaaaazuki21/imgs/e/c/ec8a4691.jpg

ハゲている天才は、芸術や学問の分野のみに限定しているわけではなく、ビジネスにおいても多数の人材を輩出しています。その代表的な存在が、弱冠20歳という若さでアップル社を立ち上げたスティーブ・ジョブズです。

ただしスティーブ・ジョブズは、これまでの人物とは違い、若い頃からハゲていたというわけではないようです。


(出典:http://www.asobuoiphone.com/wp-content/uploads/2015/03/wpid-150321njobs1.jpg


(出典:http://besuccess.com/wp-content/uploads/2014/10/stevejobsyoung_a.jpg
このように、若き日のスティーブ・ジョブズは晩年とはかなり異なったイメージの風貌で、ハゲる予兆は何もありません。ただし、ハゲる素質を持っていたために、中年以降に急激に進行することになります。また、頭髪がなくなったからといって、ビジネスには全く何の影響を及ぼさなかったという点は、後の成功が証明しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?なお、今回紹介したのはあくまでも一部であり、これ以外にも大成功を収めているハゲの人は多数存在しています。ちなみに、学問や芸術からビジネスまで色々な場面で才能を発揮しており、ハゲている天才はひとくくりに出来ないほど多種多様です。

このために、まとめて評論するのは簡単ではありませんが、ハゲを気にしている様子がないということは共通しています。これは、現在ハゲに悩んでいる人に対しては簡単に同意することは出来ないかもしれませんが、人生に成功するためのヒントとなるのは間違いがありません。

つまり、ハゲを短所と考えるのではなく、ポテンシャルが高いことを示す印ととらえるのです。これは、何も根拠がないわけではなく、あらゆるジャンルのトップにハゲが君臨しているということが、何よりの証拠です。少なくともハゲているというだけで悩むのはナンセンスであり、出来るだけポジティブに過ごすことにしましょう。その際に、今回紹介した様々なジャンルで活躍した天才とされる人物による人生が参考になれば幸いです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。