シャンプーは薄毛を増長させる?やたらと髪が抜けるのはなぜ?

シャンプーで洗いたいのは、髪より地肌 シャンプーの正しい方法

シャンプーは日常的な事であり「それが発毛につながるなら、どんな効果的なのか嬉しい限りです」との考えを持つのは当然なことと言えましょう。
「シャンプーで、発毛」というイメージは、頭皮の毛穴から皮脂を落とし、きれいにすれば、なんとなく毛も生えてくるのではないか、と思うところから来ているようです。
一般の雑誌やテレビの広告を見ても、スコープで頭皮を拡大し、「こんなに皮脂が汚れているのですよ」と、イメージ付けしているのが一般的です。
それらを良く見てください。どれ一つ見ても「頭皮が汚れていることが薄毛の腹因」とはっきり言っているものはありません。
医学的見地から言っても、頭皮の毛穴にある汚れが、薄毛の直接の原因になっていると言うことはありません。
現実的には、シャンプー自体で、発毛効果は、期待できないと言うことです。

シャンプーの効果とは

シャンプーで、毎日髪を洗う習慣ができたのは、昭和30年代からです。
それ以前は、髪を洗うのは、月に数回で、特にシャンプーは使っておりませんでしたと言うのが一般的でした。
もしシャンプーでしか落とせないような頭皮の汚れや、皮脂の汚れが薄毛を引き起こすなら、シャンプーで髪を洗ってないアマゾンの民族や、ホームレスの人たちは、みんな薄毛になっているはずです。
現実はそうはなっていません。
これは余談ですが、あの著名な作家、五木寛之氏は、”シャンプー嫌い“で有名です。
年4回しか髪を洗わずブラッシングもせず、「髪の毛を指で溶かす程度」と公言しています。しかし80歳以上になっても髪の毛はふさふさです。
少なくとも頭皮の汚れや皮脂は、直接、薄毛の原因ではないと言うことです。
皮脂は、髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根の一つ一つにある皮脂腺から分泌されるのです。
つまりその役目は、むしろ守り手であり、頭皮にとって悪いものではないのです。
シャンプーはあくまで髪の汚れや皮脂を落とすものです。
期待できると言えば、塗布するタイプの育毛剤を使う前に、頭をきれいにして、より、毛穴に育毛剤が浸透するようにする効果は期待できると言うものです。

スポンサードリンク

シャンプーで毛が抜けて薄毛に気付く

お風呂場で、シャンプーをしている時、多くの毛が抜けて、排水溝にたまっているのを見て、シックを受けた人は多いでしょう。
自分が薄毛の領域に入ったと感じる瞬間です。
すぐに、シャンプーを変えたり、市販の薄毛トニックを購入するなどしても、抜け毛の効果はありません。
こうした薄毛の悩みは誰でも一度は通る出来事です。
薄毛はどんな理由で起きるのでしょうか。
薄毛は、円形脱毛症を除き、徐々に進行します。
最初から、抜け毛に気付くことはほとんどありません。
やはり見た目に変化が起きてから気付くのが一般的と言えましよう。
薄毛になる前の毛の密度を100%としますと、60%くらい減っても頭皮はそこまで目立ちませんから、本人も周囲の人も気付かないでしょう。
目安として、60%切ると、この時点で、毛の密度はほぼ半分になっていることになります。40%を着ると明らかに頭皮が目立ち、薄毛になったことを自分も認めざるを得ないでしょう。

薄毛が進行しているポイントは「ヘアサイクル」

薄毛が進行している頭には、いったい何が起こっているのでしょう。
毛髪には、1本ごとに寿命があります。
伸びる(最長期)、抜ける(進行期)、生える(休止期)というサイクルの事です。
このサイクルが約3~6年間で繰り返しているのです。
この内成長期が一番長く、通常2~5年間続きます。健全な毛髪も、進行期になれば、自然に抜け落ち、新しい毛髪へと生え駆るのです。
これをヘアサイクルと言います。
つまり平均的な毛髪は、2~5年で成長が止まり、6年立つと抜け落ちることになります。ヘアサイクルが正常であれば、おおよそ、90%の毛髪が、成長期の段階にあるため、退行期の髪が抜けても薄毛の心配はありません。
ところが時としてヘアサイクルに異常が起き、硬い髪に成長する前の、軟毛の状態で成長が止まる場合があります。
それは休止期に入って抜け落ち、育たないうちになくなってしまいます。
その結果薄毛が目立つようになります。
これがAGAの薄毛の原因となっている症状と言えましょう。
いずれにしても、全ての薄毛の症状は、ヘアサイクルの乱れによって引き起こると言えるでしょう。

抜け毛の本数だけで、危険は見抜けない

シャンプーで、多くの髪の毛が抜け落ちた時の不安は、尋常ではありません。
薄毛が心配な時、まずその抜けた本数が気になるのは人の常です。
しかし本数にばかり、気を取られていますと、薄毛対策の遅れを招くことになります。
そこは落ち着いて、1本ずつ細かに観察してみることをオススメします。
それは、「危ない抜け毛かどうかは、毛の根元を見ればおおよその見当がつきます」
抜け毛は、根元が丸く膨らんでいます。
髪の毛の本数は、平均して、10万本と言われています。
1日に50~60本程度の抜け毛は、正常な範囲と言われています。
そこで髪の毛をよく見ると、根元のふくらみが、ギザギザしていたり、髪全体が、細くなっていたら、注意しましょう。
薄毛を招く脱毛の心配があると思わなければなりません。
ただし落ちた毛は、抜け毛ではない毛も混ざっていることもあります。
比較的多いのが「折れ毛」です。
毛が折れ曲がり、切れた状態のもので、根元が直線的な特徴を持っています。

スポンサードリンク

薄毛の始まりの現象

徐々に進んでいく薄毛「薄毛の始まり」を早く見つけ、対策をとることが現状維持のための重要な要素と言えましょう。
そのためには、抜け毛の本数のチックよりも、抜け毛が増加するサインを見逃さないことの方がより重要です。
それには、フケの増加、頭皮のべたつきなどが考えられます。
また頭皮が硬くなっているかどうかも、ポイントの一つです。
これらの現象は放っておくと、抜け毛がさらに進行する危険信号と言わねばなりません。毛が細くやわらかになってきた、と言うのも重要なサインの一つです。
これは髪に栄養が届いていない証拠でもあるのです。
そのままにしておくと、抜け毛の進行度は高まり、本格的なハゲを迎えることになる可能性が高いものです。

髪の健康を知るには自分で触って調べの髪の毛を触ってみよう

眼に見える抜け毛以上に、大切なのが髪や頭皮の手触りです。
硬さや、脂っぽさを手で確かめることが本当の診断につながることとなります。
「頭髪の毛が細い」
側頭部や後頭部は、血行が良く、髪に栄養が、行き届きやすい部分で、脱毛が起こりにくい部分です。
この部分の髪の毛が多いからと言って油断は禁物です。
「髪がべたつく」
毎日洗髪,ブラッシングしてもサラサラにならないのは、皮脂の分泌が多い「脂性肌」です。
過剰な皮脂は、脱毛を促す原因となります。
「フケが多い」
フケは、古くなった頭皮の細胞が、角質化して剥がれ落ちたものです。
このフケが増加する要因は、過剰な皮脂による刺激、または洗髪のし過ぎによる乾燥などが考えられます。
いずれも脱毛につながります。
特にフケで注意が必要なのは、湿っぽく、かゆみを伴う時は要注意です。
「髪を引っ張ると簡単に切れる」
充分な栄養が届いていない場合は、毛の成育が悪くなり、毛が細くなります。
したがって少しの力が加わっただけでも毛が切れてしまいます。
「頭皮が動きにくい」
頭皮を手でつかみ、前後に動かしてみましょう。
動きが悪いのは、頭皮が硬くなっている証拠です。
血行の悪さから髪の成育が妨げられる危険があります。

シャンプーで洗いたいのは髪より地肌

シャンプーの目的は、髪の毛の汚れを落とすことだと思っていませんか?
こう思っている人は、大いなる誤解です。
シャンプーの目的をしっかり把握することが大切です。
髪に付いたほこりや、臭いだけなら、お湯洗いで、充分に洗い流すことは出来ます。
しかし毛穴の周りの、過剰な皮脂、整髪料などはお湯で流しただけでは取れません。
そこで必要なのがシャンプーなのです。
正しい手順で、しっかり頭皮を洗うことが肝心です。
頭皮のタイプによってシャンプー剤の使い分けをしましょう。
また気を付けたいのは、髪のダメージを防ぐために使うリンス剤や、トリートメント剤の使い方も重要になってきます。
頭皮にまでべったり付けると、せっかくきれいにした、毛穴を防いでしまう可能性もあります。
痛みの強い毛先だけに、気お付けるよう注意が肝心でしょう。

シャンプーの選び方皮膚と相性の良い弱酸性を

シャンプー剤と言えば、多岐に渡ったブランドが市販されています。
どれを購入すればよいのか迷ってしまいます。
そこで表示を目安に、頭皮の状態や、髪質に合わせて選ぶのが基本と言えましょう。
頭皮の酸性度はph4~6の弱酸性です。
したがってシャンプー剤も、弱酸性の物を使うと、髪や頭皮に余計な負担がかかりません。この基本を押さえた上で、自分の頭皮や、髪質の状態を知り、それにあった表示の物を選ぶといいでしょう。
シャンプー剤には、髪質に合わせたもの、フケを防止するもの、育毛効果をうたったものなど様々なタイプがあります。

茶繻多様化するシャンプー剤

皮膚への刺激が少ない弱酸性タイプのシャンプーとしては、「弱酸性メリット」(花王) 「植物物語」(ライオン) 「ヘア&スカルプシャンプーAD」(資生堂)等が人気商品として注目されています。
他に植物性タイプとして「ナイーブ」(カネボウ) ダメージタイプとして「エッセンシャルダメージケア」(花王) フケ取りタイプの「オクト」(ライオン) 石鹸タイプの「ナチュロン」(太陽油脂) 炭タイプの「クライファー」(イクスバンド・フィット) 育毛タイプの「サクセス薬用シャンプー」(花王)等が売れているようです。
シャンプーは、刺激の少ないものを選ぶことが重要です。
実際のシャンプーでは、2度洗いが効果的と言われています。
シャンプーが残ると、頭皮に、負担がかかりますので、ゆっくりと充分にすすぐようにしてください。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。