薄毛の悩みは医学的な理論に基づいた育毛戦略を

何気なく鏡に向った時、鏡の中の自分の頭皮が、透けて見えたら、あなたの驚きと不安感は、どうでしょうか。
また電車の中で座っている時「上から目線感じたことはありませんか」
そんな時、早速近くにドラッグストア―に駆け込み、市販の育毛剤や育毛シャンプーに飛びついた経験はありませんか。
市販の育毛剤や、内服液で効果があがれば、これほどの多くの薄毛の人たちが、私たちの周りには、いないでしょう。
薄毛にさよならするためには、きちんとした医学的な理論に基づいた、育毛戦略が必要と言えましょう。
古くから髪は、「血ヨ」と呼ばれ、髪は血液の状態、言い換えれば、体の内部の状態を良く反映すると言うことを表しています。
したがって薄毛の原因は皮膚にあるのではなく、体の中にあると言う意味を含んでいるのです。
現在日本における薄毛率は、約6%、つまり4人に一人が、この「上から目線」に悩んでいると言うデータも報告されています。

男性のハゲの定義とは

薄毛、つまり日本で言うハゲとは何を指して言うのでしょうか。
脱毛症、薄毛、禿頭などあり、英語では「ボールド」で語感が悪すぎます。
見ればわかると思うでしょうが、実際に定義しょうとすれば、明確な定義はないと言えましょう。
「髪の毛の数が少しでも減ったらハゲ」としたら、何と15歳以上の人の70%の人が若ハゲになってしまいます。
それというのも人間の毛髪の数は、生まれつき、決まっていて、減ることはあっても増えることはありません。
「正常に存在していなければならない毛が抜けてしまう」つまり異常な脱毛の結果を、ハゲと呼ぶわけですから、大いに若い人たちから苦情が来ることになります。
永年のハゲに対する誤解や、偏見やらが日本では培われてきました。
それが最近になって世界的な傾向として、ハゲが「クール」な印象を与えています。
それはハリウッドの大スターたち、、ユルブリンナー、ブルース・ウイルス、ジェイソン・スティタム等々が薄毛で堂々と主演しており、世のハゲのおじさんたちに多大な勇気を与えているのも確かです。

薄毛、抜け毛が医療の対象に

「髪の毛というのは、日常では、何とも思わないのですが、ないと絶対困ります」この悩みは、髪の毛が少なくなった人しかわからない、相当深刻な悩みと言えましょう。
髪の毛がふさふさしている人が、それを特にありがたいとか、幸せだとか感じることはないかもしれませんが、頭部が薄くなり、抜け毛が急に増えた人にとって、何にも代えがたい深刻な悩みなのです。
計り知れないほどの精神的な苦痛を、抱え込んでいる人も少なくありません。
ある調査では、薄毛、抜け毛で悩む人は、日本で約1,200万人以上いるとされています。これまでの日本の医療の世界では、そうした髪の毛の悩みについて、どちらかというと、軽視されていたと言うのが実情でした。
これは健康に重大な影響を及ぼすことがない、と言う概念からきているのでしょうか。
最近になって、髪の毛の成長や、トラブルについて、ようやく本腰になり、それらの研究が進み、治療法が研究され、薄毛,抜毛が「脱毛症」と呼ばれㇽようになりました。
一方薬剤面も、その効き方や、メカニズムを明確にした治療薬の研究が進み、ようやく本格的な医療の対象となってきました。

毛髪の基礎知識 ヘアサイクルの仕組み

毛髪を構成しているのは、ケラチンとタンパク質です。
髪の毛は、1日に0.3ミリから0.4ミリぐらい伸びます。
伸びる速度は、頭頂部が最も早く、次いで側頭部で、個人差もありますが、平均して1ヵ月で、1センチ前後、1年で、12センチ前後伸びる計算です。
単純に考えますと、生まれてから一度も髪の毛を切らなければ、成人する頃には、2m以上の長さに伸びてしまいますが、そんなことはありません、
切らずに伸ばし続けていても、せいぜい1mぐらいで止まってしまいます。
その理由は、髪の毛は、2年から6年のサイクルで生え替わっているからです。
この現象をヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます。
髪の毛の数は、人それぞれ、生まれた時から決まっています。
ただしその髪の毛は、成長期,退行期、休止期を繰り返しているのです。
このように成長期、退行期、休止期と続く一連の流れが、ヘアサイクルなのです。
人は一生のうち、15回位ヘアサイクルを繰り返すのです。
そこで1日に80本から、100本抜け毛があっても、異常な事ではないのです。
抜けた髪の毛と同じ数、髪の毛は生えてきます。

男はなぜハゲる?

人の毛髪が抜ける病気には、様々なものがあります。
「円形脱毛症」や、抗がん剤の影響による脱毛もありますが、圧倒的に多いのが、青年期から、中年期にかけての男性の薄毛でしょう。
いわゆる「男の薄毛」は医学的に言いますと、「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれています。この男性型脱毛症が、多くの男性を悩ませ、心を暗くしているのです。
脱毛症には、大きく分けて2つの種類があります。
成長期にもかかわらず髪が抜けてしまう「成長期脱毛」と成長毛が休止期に入って、脱毛する「休止期脱毛」です。
男性型脱毛症、後者の代表例です。
ちなみに成長期脱毛の代表的なものは、「円形脱毛症」です。
いわゆる男の薄毛は、思春期以降に、額の生え際や頭頂部の髪がどちらか一方、または両方から薄くなり、進行する症状のことを言います。

男性型脱毛症を引き起こす要因は?

「どうして男性型脱毛症になったのだろう」と思ってしまう男性は多いことでしょう。
明確に言えることは、「遺伝」と「ホルモン」の2つが大きな原因であると言うことです。男性型脱毛症はAGAとも呼ばれていますが、Aはアンドロゲン、つまり男性ホルモンを示し、Gは遺伝、Aは、脱毛を示す言葉からきています。
つまりAGAとは、「遺伝とホルモンによって生じる脱毛症」ということです。
この男性ホルモンの関与を、始めて科学的に実証したのは、1942年ハミルトンというホルモン学を専攻していた、アメリカの研究者でした。
これによって、男性型脱毛症が起きてくる現象に、男性ホルモンが深くかかわっていることが明らかになったのです。

男性型脱毛症は年々増加傾向にある?

男性型脱毛症による薄毛は、年齢とともに、進行して行くもので寸。
つまり時代が進むにつれて、男性型脱毛症になる人が増えていくのかどうかという問題です。
日本では、欧米化する食生活を始め、ライフスタイルの変化、高度化した社会での精神的ストレスなど、様々な要素が絡まり合って、男性型脱毛症になる人が増えているとよく聞きますが果たしてそうでしょうか。
札幌鉄道病院皮膚科の調査によると、10代から20代の男性の6%、30代の男性で12%、40代ではぐんと増えて、32%、年齢が10歳ずつ進んでいくと、大体10%以上増えていると言うデータがあります。
つまり32%の男性が男性型脱毛症になっていると言うことです。
男性型脱毛症に最も大きな影響を与えるのが「テストステロン」という男性ホルモン(アンドロゲン)の一種です。
テストステロンは、男女ともに体内で作られたホルモンですが、男性に女性より多くあり、脱毛を促すシグナルを、発信する物質はこれからつくられることが明確になっています。

女性の薄毛の原因について

「女性なのに髪が薄くなって恥ずかしい」「年齢を重ねると、急に抜け毛が増えた」など女性の薄毛に対する悩みも近年多くなっています。
こうした女性の薄毛の訴えも様々ありますが、同様に薄毛になる要因も様々あります。
頭髪は、成長と脱毛の周期をそれぞれの毛根が有していて、1日に平均100本以内の脱毛数であれば、正常範囲と考えてよいでしょう。
毎日洗髪しない場合は脱毛が少なく、洗髪すれば脱毛は多くなります。
日本では季節の変化で、脱毛数も変わってくることも良く知られています。
女性の薄毛の要因は、加齢変化によるものと、男性型脱毛症、休止期脱毛症などが考えられます。

女性の薄毛の要因ホルモンが影響する加齢変化

加齢変化とは、誰にでも生じる老化現象の1つで、病的な変化ではありません。
その髪の老化現象とは、休止期の毛の割合が増え、成長期が短くなるため、頭全体に毛の数が減少すると言うことです。
毛の加齢変化は、頭皮全体に及びますが、頭頂部の髪の分け目が広がったことや、両側東部の毛量が少なくなったことから、気が付くことが多いようです。
そして加齢変化として、皮膚分泌が減少し、髪のつやが失われ、張がなく、髪がぺッタンコになって、地肌が目立ち、髪が柔らかい毛に変わったりします。
女性の場合、性ホルモンが著しく、変化する更年期前後の脱毛数の増加で、不安になる場合もありますが、全頭に及ぶ、軽度の変化ならば、加齢変化と考えて対拠したほうが良いでしょう。

女性にも起こる男性型脱毛症

男性ホルモンが原因の脱毛症を、男性型脱毛症と呼びますが、女性では、卵巣や副腎で作られている男性ホルモンにより、毛を作る細胞が、男性ホルモンの影響を受けやすい体質を持っていると、男性型脱毛症が生じる場合があります。
女性の男性型脱毛症の発症時期は、30歳前後に気付く人もいますが、さらに高年であることが一般的です。
また更年期女性に、数年かけて前頭部生え際から耳前部にかけて、数センチ幅の帯状に脱毛する脱毛症があります。

円形脱毛症とは

「心のストレスで、頭のどこかに丸く髪の毛が抜け落ちてしまうもの」と多くの人は捉えているようです。
深刻な例が数多く見られますので注意が必要です。
現在どこの専門外来も、重度の円形脱毛症の患者で溢れている、と言うのが現状です。
その原因はストレスだけではない、と言うことが最近の研究で分かってきました。
これまでストレスから来る者と、長い間考えられてきましたが、実際には、ウイルス感染、疲労、出産、外傷など様々なきっかけとなりうることが解ってきました。
例えばインフルエンザなど、38.5度以上の発熱を伴うような、ウイルス感染症にかかった後、円形脱毛症が発症し、悪化した症例も数多くあります。
その他のきっかけとして、外傷が挙げられます。
どこかに頭をぶつけた後や、全身麻酔の手術などで、一定時間頭部が圧迫された後、そこから円形脱毛症が発症した例もあります。
いずれにしても精神的ストレスだけではないことが明白です。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。