男性型脱毛症治療最前線とその育毛対策

薄毛対策「発毛」「育毛」「養毛」などの言葉はあいまいさが一杯!

ドラッグストアなどで手軽に使っています、発毛、育毛,養毛などの言葉は、医療部外品や、化粧品にも頻繁に使われていますが、その用語自体あまり、明確な定義はなく、それぞれの境界も定かではない、と言うのが実情と言えましょう。
一般的に言いますと、頭皮の皮脂を取り除いたリ、頭皮の血行を良くすることを目的としたものを、塗布剤や養毛剤と言われています。
また積極的に、髪の毛を生やすことを目的とした民間療法が、発毛促進などいう言葉が使われているようです。
市販されている養毛剤については、頭皮や毛穴を清潔に保ち、血行を促進することで、毛を作る「毛包(もうほう)」が、脱毛モードにならない環境づくりをすることにあります。
こうしたことを念頭に置きながら、本格的な男性型脱毛症対策を追ってみましょう。

薄毛対策 育毛剤とその効果

育毛剤には、頭皮を清潔にする成分、血行を良くする成分、栄養を与える成分などが配合されており、その成長の妨げになる要素を取り除く働きがあります。
「フラバノン」「アデシノン」等は、最近認可されました成分で、テレビや雑誌の広告でもよく見かけます。
その効果の有無にかかわらず、医学的検証を受けていないものは、医薬部外品、または化粧品として、扱われますが、その分、簡単に手に入りやすいと言う李典もあります。
いわば育毛剤は、毛包を作るためのサポート的なもので、劇的な変化は過度な期待はしな

代表的な育毛コース

クレンジング(普段のシャンプーでは落しきれない頭皮の皮脂を取り除く)
リンストリートメント(髪の毛表面のキューれぃくるを行う))
頭皮マッサージ(頭皮の血行を促進するマッサージを行う。シャンプーや育毛の塗布と同時進行する)
育毛剤塗布(皮脂が取れて毛穴が開き、入りやsyくなった状態の頭皮に、育毛剤を塗布)
セット(ヘアスタイルを整える。同時に、髪や、頭皮に栄養を与える塗布剤を使う場合も)

つける育毛剤リアップ、ロゲインは医薬品

日本で、1999年厚生労働省で認可され、大正製薬から発売されたのが「リアップ」です。これ以降一般の薬局で買えるようになりました。
「ロゲイン」については、血管を拡張して血圧を下げる、経口薬ミノキシジルという成分が含まれ、発毛効果が認められています。
この育毛剤は、アメリカで概要発毛剤として開発されました。
これは通信販売で入手することもできます。
しかし類似品や、偽物に注意する必要があります。
日本では、ロゲインと同じ濃度の製品は作られていません。
どちらの育毛剤も、特に、頭頂部分に効果が期待できる育毛剤です。

正しいヘアケア 育毛剤の効果的な使い方

育毛剤と呼ばれる商品は、薬事法により、「医薬日」「医薬部外品」「化粧品」の3つに分類されます。
医薬品以外は、その効果が臨床試験で実証されていないものです。
その効果を充分に発揮させるためには、頭皮を清潔に保つことがポイントとなりましょう。シャンプーや頭皮の余分な皮脂をとり除き、リンスやトリートメントで、髪に毛をケアします。
マッサージしながら使うのもいいのですが、間違った方法で行うと、頭皮を痛めることになります。
爪を立てず、指の腹でソフトに揉み、ポンポンと軽くたたいたりする程度でいいでしょう。育毛剤の効果としては、血行促進、栄養を与える、皮脂を抑える、頭皮の細菌繁殖を抑える,フケの防止などが挙げられます。

飲む育毛剤 フィナステリド

育毛剤と言えばこれまで、頭皮に塗るタイプの医薬部外品や化粧品が主流でしたが、飲む育毛剤は、知識も少なく、抵抗があり、どちらかと言いますと敬遠されていました。
しかし現在では、その効果の高さから、多くの人が使用するようになりました。
2005年の発売以来、全国で、数十万人の薄毛男性が処方を受け、服用しています。
しかしこのフィナステリドという薬に関しては、その知識不足や、副作用の不安から、使用に対して消極的になっていましたのは事実です。
フィナステリドは特に、脱毛症に有効である可能性は高いと言われています。
、、その副作用については、妊娠中の女性(特に男児)が服用すると、胎児の奇形が生じる可能性があります。
したがって今後、研究が進み、治療に対する有効な根拠である、というエビデンスが揃えば、効果的な治療法として、必ず脚光を浴びる可能性は高でしょう。

飲む発毛剤 プロペシア

プロペシアには、還元酵素の活性化を阻害し、発毛を促進する「フィナステリド」という成分が1錠中に、1㎎含まれています。
その効果は、服用して、3ヵ月位から症状が改善し始め、6~12ヵ月後に明らかになります。3年間使用した時の改善率は、頭頂部が70%、前頭部が72%、と報告されています。
製薬会社は、効能、効果として「男性型脱毛症」の進行遅延を提唱しているようです。
ただし、1年間服用しても、効果がない場合は、続けてもそれ以上の効果はほとんど望めないと言うことです。
プロペシアの説明書には「6ヵ月投与しても、脱毛症の進行支援が見られない場合は、投薬を中止してください」とあります。
したがってプロペシアを使う場合は、効果がない可能性も認識し、1年を目安に、別の方法も考えなくてはならないでしょう。

男性型脱毛症(AGA)治療の実際

AGAは2005年、男性型脱毛症用薬として厚生労働省が、ようやく承認し「プロペシア」が発売されました。
このプロペシアは、1998年アメリカで発売されてから現在まで、60ヵ国以上で認可販売されており、その効能は高い評価を受けています。
AGAの治療については、先ずAGAの「かかりつけ医」を探すことから始めなくてはなりません。
東京などの大都会はそうした医療機関を、探すのに苦になりませんが、地方については一般的に難しいと言わねばなりません。
またAGAは体質的な状態なので、病気としては捉えられていません。
したがってどの医師も、医学部でAGAの授業を受けているとは限りません。
現在はAGAの知識を持っている医師は、少ないと言うのが現状と言えましょう。
皮膚科、形成外科、美容外科、必尿器科ですと、頭髪に関して知識を持っている医師がいるでしょう。
また費用のことも問題になります。
プロペシアは保険適用薬でない為、薬代、診察料は高いものになり、患者さんにとって大きな負担になります。

AGAに関しての医師との付き合い方

プロペシアは、医師によって診察した後、処方される医家向けの医薬品です。ですから一度医療機関へ出向き、AGAであると言う診断を受けないと服用することは出来ません。プロペシアは、控訴を阻害して男性ホルモンの一部の産出抑制する薬剤なのです。日本ではホルモン薬系は一派に薬局で購入できる医薬品として認可されたことはありません。医師と上手く付き合うのは、初診の時に注意しましょう。できれば自分自身の病歴を紙に書いて持参すれば、医師は速やかに、カルテに貼ってくれます。持病に肝臓病必尿器系の腫瘍、その他の重病がある場合は、プロペシアによる治療は出来ないことがあります。診療所によっては、プロペシア以外にビタミン剤、外用育毛剤やシャンプーを進める場合があります。説明をよく聞き、納得できたら併用するとよいでしょう。

髪の毛のトラブル、脱毛が起こる理由

脱毛は、若い人たちから、40代、50代、60代もっと上の世代まで、男性だけでなく、女性も髪の毛の悩みを抱え込んでいます。
それではそうした脱毛は、どうして起こるのでしょう。
人間の髪の毛は、様々な理由や、成り行きで、脱毛します。
シャンプーしたり、ブラッシングしたりすれば、数多く毛が抜けます。
ストレスや、過労からゴソッと毛が抜けたりします。
年を取れば髪が薄くなったり、細くなったり、ボリューム感が減ったりします。
このような現象は、髪の毛にとって自然現象なのです。
人によっては、ある年代から、前頭部、頭頂部にかけて毛髪が成長しきれず、細く短い毛の内に、抜けることもあります。

脱毛には進行する脱毛と一時的な脱毛がある

人間年を取れば、髪が薄くなる、つまり加齢による脱毛と男性型脱毛症は、人間の体の中で起こっている変動に気付き、時間とともに「進行する脱毛」ということになります。
人間の髪の毛は、その他の理由によっても脱毛します。
その代表的なものが、ストレス過剰、頭皮のトラブルや血流障害、生活の乱れや体調不良。何らかの病気の影響、薬物によるトラブルなどです。
これらはいずれも今挙げた原因で起きる「一時的な脱毛」と考えられます。
これらは生活習慣を見直すことで、脱毛が大幅に改善された例も少なくありません。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症という病名は、非常に有名になっております。
この言葉が示すように、円形に脱毛することが多いことから、この名が付きました。
しかし必ずしも、円形に脱毛するとは限りません。
脱毛箇所も、1ヵ所から複数ヵ所まで、様々です。
つまり、円形脱毛症の症状には、個人差があると言うことです。その種類を挙げますと
単発型
最も多く見られる症状で、円形の脱毛が、1~2ヵ所起きるタイプです。
「ある日気が付いたら毛が抜けていた」という例です。
多発型
頭部の数ヵ所に、円形の脱毛ができるものです。
蛇行型
後頭部や側頭部の生え際が、帯状に蛇行するように抜けます。
全頭型
頭髪の総てが抜けてくる場合と、まばらに脱毛が進行する場合があります。
汎発型
髪の毛だけでなく眉毛、髭、陰毛から脛、つまり体全体の体毛、が抜けてしまうタイプです。

円形脱毛症の治療法

ステロイド局所注射
皮内用の副腎皮質ステロイド注射を、脱毛部位に直接注射で打っていく方法です。
ステロイドパルス療法
全身状態が非常に悪化した状態において、その状態を一気に、改善させることを目的として治療するものです。
ステロイド内服療法
プレドニゾロンなどの副腎皮質、ステロイド薬」を内服する方法です。
他に塩化カルプロ二ウム療法、グリチルリチン、抗ヒスタミン薬を使った療法や、紫外線療法など多岐に渡った療法があります。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。