若ハゲなら明日から始めたい、オススメの対策20選

薄毛は、遺伝と強い関連性を指摘されている症状で、国や地域により発症する確率や捉え方は異なっています。成人男性の過半数が該当するような国の場合は、必ずしもハゲのことを欠点とは捉えてはいません。ただし、残念ながら日本の場合はそうはいかないようです。

日本の成人男性の薄毛率は約30%程度で、全体からすると少数派に分類されます。これは、年代が下がるほどさらに顕著で、30歳代は約20%、20歳代は約10%です。少数しかいないということは必要以上に目立ってしまうので、社会的な影響をどうしても受けてしまいます。このために、かなり深刻なダメージにつながるケースも少なくはありません。

一方で、薄毛に対しての改善策も考案されているので、悩みを改善することも期待できる状況となっています。そこで、これから若ハゲに苦しんでいる人に向けて、参考になる対策を紹介していくことにします。

(出典:http://www.jx912.com/img/header.jpg

若ハゲの仕組み

薄毛は、毛包と呼ばれる毛根を内包している組織自体が縮小することにより、サイズダウンすることからスタートします。そして、成長期・退行期・休止期の順番で移行する毛周期を繰り返すごとに、成長期が短くなり休止期にとどまる割合が増加します。これにより、軟毛化と短毛化が進行するうえに、生え変わりもスムーズに行われなくなるので、本数とボリュームの両方が著しく不足してしまいます。

なお、この様な状況になる原因は様々ですが、男性の場合は大部分がAGAという症状と考えられています。AGAとは、男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれており、男性ホルモンのテストステロンが変化した物質が原因の症状です。前頭部から頭頂部にかけての頭髪に集中するのが特徴で、生え際が後退するタイプやつむじ周辺部分が広がっていくタイプ、両方が同時に進行するタイプなどがあります。

これらは、この部分の頭髪の成長が阻害されてしまうことによる症状であり、体内で生産されている物質が原因です。このために、これから紹介する若ハゲに対しての改善策は、この物質への対策が中心となります。


(出典: http://usuge-nukege-taisaku.com/wp-content/uploads/dec864fdf07e3e711c391297a1929ec1.jpg

若ハゲ対策1クリニック

最も効果的な若ハゲ対策は、専門医による治療を受けることです。テレビのコマーシャルでもお馴染みのように、既に10年前から医療機関での薄毛治療が開始されており、効果的な治療が実施されています。

特に、男性の薄毛のAGAに対しては、90%以上の効果を確認されているプロペシアという治療薬が開発されています。この治療薬は、飲む育毛剤とも呼ばれている内服薬で、1日に1度水かお湯で飲むだけという簡単な利用法です。

ちなみに、薄毛治療は健康保険が適用されない自由診療に分類されており、プロペシアの値段はクリニックにより異なっています。平均的な相場は1か月に10,000円程度ですが、受診する前の確認が必須となります。


(出典:http://www.datsumo-makeruna.com/img/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%82%A2%E9%8C%A0.jpg

若ハゲ対策2 個人輸入代行業者

病院で診察を受けるのが面倒だという場合は、プロペシアを通販で購入する方法もあります。プロペシアは、元々はアメリカで開発された治療薬であり、個人輸入代行業者を利用することにより、自宅から入手することも可能です。

また、個人輸入代行業者ではプロペシアジェネリックを取り扱っており、経済的な負担を減らすこともできます。ちなみに、ジェネリックの値段はプロペシアの10分の1未満で、かなりお得です。添加物や製造方法には違いがあるので、全く同じ薬というわけではありませんが、有効成分は同じフィナステリドです。このために、AGAに対しては同様の効果を期待できるということになります。

なお、個人輸入代行業者を利用して薬を購入することは違法ではありませんが、トラブルに見舞われた時には自己責任となります。このために、リスクを伴うということは認識しておかなくてはなりません。


(出典:http://www.whc2005.org/swoapcr2r2mjeicn/wp-content/themes/20150327_template/image/header.jpg

若ハゲ対策3 ミノキシジル系育毛剤

薄毛を改善するためのアイテムとして最も広く知られているのが、頭皮に塗布して有効成分を浸透させる育毛剤です。かっては、化粧品と大差がないような商品が主流でしたが、現在では医薬品として指定されているものも登場しています。

特に、若ハゲに対して効果を発揮するのが、ミノキシジルという成分を配合した育毛剤です。この成分は、皮膚科学の社団法人からも強く推奨できる治療法と評価されており、特に頭頂部の薄毛に対して効果的です。


(出典:http://shiery.jp/file/parts/I7f01a59/ca8184d69d41bd7bd9ed6d632b581fc1.png

若ハゲ対策4 ヒオウギエキス配合育毛剤

ヒオウギエキスは、アヤメ科アヤメ属の多年草の根の部分から抽出したエキスで、イソフラボンというフラボノイドの一種を豊富に含んでいます。この成分には、プロペシアと同様にAGAに対しての抑制作用があるので、若ハゲの進行を防止する効果を期待できます。


(出典:http://mjihageikumouzai.org/%E3%83%92%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%82%AE%E3%82%A8%E3%82%AD%E3%82%B9.jpg

若ハゲ対策5 ビワ葉エキス配合育毛剤

ビワ葉エキスには、若ハゲの大部分を占めているAGAにより生産されるFGF-5という脱毛因子を抑制する作用があります。これにより、頭髪の成長が阻害されなくなるので、正常な状態に回復します。さらに、原因物質のDHTをブロックする作用もあるので、この成分が配合されている育毛剤は、薄毛の進行を防止します。


(出典:http://caredeself.net/wp-content/uploads/2015/12/401209_4.png

若ハゲ対策6 オウゴンエキス配合育毛剤

コガネバナの根の部分から抽出したオウゴンエキスは、5αリダクターゼという還元酵素の活性を阻害する作用があります。この還元酵素は、男性ホルモンのテストステロンと結合することにより、AGAの原因物質DHTに変化するという役割を担っています。このために、これを阻害するということはDHTの生産を抑制することにつながるので、結果的にAGAの進行を防止することになります。

(出典:http://tayoka.com/img/phm10_0200-s.jpg

若ハゲ対策7 シャンプー

若ハゲの大部分を占めるAGAは、DHTの作用により皮脂の分泌量が過剰化していることが特徴です。これを放置してしまうと毛根がダメージを受けてしまい、機能を喪失してしまうケースも起こりえます。このために、常に清潔な状態をキープしなくてはならないので、日々のシャンプーはとても重要です。

なお、安価で購入できる大量生産型のシャンプーには、石油系界面活性剤が配合されており、若ハゲ対策としての利用は適当ではありません。なぜなら、洗浄力が強すぎるために必要な皮脂まで除去してしまうからです。すると、不足した分を補うために、さらに皮脂の分泌量が増加することになります。

このために、アミノ酸系のシャンプーなどの低刺激なものを利用するのが適当です。また、添加物や香料などの頭皮に悪影響を及ぼす成分が配合されていないシャンプーがオススメです。


(出典:http://xn--xck4c9azd2bx175dfa568sr6u.com/img/header_visual.jpg

若ハゲ対策8 食生活

頭髪は、栄養素の残りの部分により生成されるので、栄養が不足した場合には途端に影響を受けることになります。このために、無理なダイエットを長期間行ったことにより、女性の薄毛も増加していると報告されています。

このような事態にならないためには、バランスの取れた食生活を送らなくてはなりません。特に、頭髪の直接の材料となるたんぱく質は不足しないように、意識的に摂取するのがポイントとなります。


(出典:http://www.kissei.co.jp/health/l2/l3/l4/vcms_images/Vcms4_00000446/s__vc27_seihinA001_i.jpg

若ハゲ対策9 ノコギリヤシサプリ

ノコギリヤシは、アメリカ大陸に自生しているヤシ科の天然ハーブで、DHTの生産にかかわっている還元酵素を阻害するという作用があります。このために、この天然ハーブを配合したサプリを利用することにより、AGAの進行を食い止めることが可能です。

(出典:http://growth-supple.com/wp/wp-content/uploads/2015/03/nokogiri1.jpg

若ハゲ対策10 ナツシロギクサプリ

ナツシロギクは、ヨーロッパの広い範囲に自生している天然ハーブで、DHTの生産と関係しているNF-κBというたんぱく質の一種を抑制します。また、炎症を鎮静化する効果もあるので、皮脂により荒れてしまった頭皮を改善します。大阪大学が実施した臨床試験によると、数か月の服用で約80%に育毛効果が発揮されたことが確かめられています。


(出典:http://www.okadanouen.com/zukan/natusirogiku/natusirogiku1.jpg

若ハゲ対策11 プラセンタサプリ

化粧品などの美容系の商品全般に用いられているプラセンタは、動物の胎盤から有効成分を抽出したものです。頭髪の材料となるアミノ酸を豊富に含んでいるうえに、新陳代謝の活性化やホルモンバランスを正常化する作用があるので、育毛にも非常に効果的です。このために、プラセンタを配合したサプリメントは、若ハゲにもオススメです。


(出典:https://i.ytimg.com/vi/tCqFkczeJs8/hqdefault.jpg

若ハゲ対策12 亜鉛サプリ

頭髪はタンパク質から作られるのですが、これをサポートする役割を担っているのが亜鉛です。このために、この栄養素が欠乏すると薄毛が進行することになります。通常の食生活では不足しがちであり、サプリの利用が推奨されます。


(出典:http://2.bp.blogspot.com/-9UDvzxn3VDE/U3iKREqjZII/AAAAAAAACA0/SJU6eOuGmpQ/s1600/%E9%AB%AA%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E4%BA%9C%E9%89%9B%EF%BC%81%E8%82%B2%E6%AF%9B%E3%81%AE%E5%B8%B8%E8%AD%98%E3%82%92%E5%AE%9F%E4%BD%93%E9%A8%93%E3%82%82%E5%90%AB%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%EF%BC%81-1.png

若ハゲ対策13 ビオチンサプリ

ビオチンは、アミノ酸の代謝に関与している水溶性のビタミンで、頭髪を作るうえで欠かすことが出来ない重要な栄養素です。ところが、偏食や喫煙、抗生物質の多用、長期的な下痢などにより欠乏症になるケースがあります。このために、ビオチンサプリを利用することにより、欠乏症になるのを回避して、頭髪の効率的な製造をサポートする効果を得られます。


(出典:http://ikumou-goodlife.com/wp-content/uploads/2015/04/%E3%80%8C%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%81%E3%83%B3%E3%80%8D%E3%81%8C%E9%AB%AA%E3%82%92%E5%A4%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%EF%BC%9F%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3B7%E3%81%AE%E8%82%B2%E6%AF%9B%E5%8A%B9%E6%9E%9C%EF%BC%81-800×500.png/a>)

若ハゲ対策14 リジンサプリ

必須アミノ酸の一種であるリジンは、イギリスの企業により、多種多様な原因の薄毛に対して有効であることが証明されています。このために、若ハゲに対しても当然効果的であり、サプリとしての利用がオススメです。


(出典:http://2323.sp-guide.com/-/wp-content/uploads/2015/07/rijin-680×580.png

若ハゲ対策15 鉄分サプリ

頭髪を作るための栄養素は、頭皮の毛細血管を通って毛根に届けられます。このために、血液循環が悪化すると、頭髪の生産に支障をきたすことになります。これを予防するために効果的なのが、血行を促進する作用がある鉄分です。特に、薄毛と貧血を伴っているような場合には、意識的な摂取が必要となります。


(出典: http://www.thin-hair-women.net/img/thin-hair25.jpg

若ハゲ対策16 コラーゲンサプリ

潤い成分として知られているコラーゲンは、美肌に効果的ということで美容液や化粧水に主成分として配合されているたんぱく質の一種です。この栄養素は、頭髪に関してもハリや潤いをもたらす効果が発揮されるので、育毛目的での利用もオススメできます。


(出典:http://koragenx.up.seesaa.net/image/img003.gif

若ハゲ対策17 漢方療法

古代中国にルーツを持つ漢方療法は、自然治癒力を引き出すことにより、痛みや不調を改善するという治療法です。鍼灸や按摩などがこれに該当し、様々な症状を対象としています。この中には、薄毛を対象としたものもあり、現代医学とは異なるアプローチにより改善します。なお、副作用の危険はないので、安心して利用できるという点も魅力です。


(出典: http://www.kamiyutaka.com/wp-content/uploads/2015/07/90b4d2ff872a86df1ed64edfa0a908fd.jpg

若ハゲ対策18 禁煙

煙草に含まれているニコチンは、血管を収縮する作用があるので、血液循環が悪化します。このために、毛根への栄養素の供給が阻害されてしまうので、成長が抑制されてしまいます。さらに、老化の原因物質である活性酸素も生産するので、頭皮の老化が進行することになります。このために、喫煙者は煙草をやめることにより、様々な育毛効果を得られることになります。


(出典:http://fusamen.net/wp-content/uploads/2015/08/stabako02.jpg

若ハゲ対策19 禁酒

お酒は、百薬の長とも呼ばれており、少量であれば健康に対しての様々なメリットを享受できます。しかし、適量でとどめるのは至難の業であり、つい飲み過ぎてしまうことになります。大量の飲酒は、頭髪の材料も大量に消費してしまうので、大量の抜け毛の原因となります。このために、育毛のためには、思い切って禁酒するのが有効と言えます。


(出典:http://xn--sckxcx516a.com/wp-content/uploads/2016/05/timthumb.jpg

若ハゲ対策20 睡眠

頭髪は眠っている間に成長するので、良質な睡眠は育毛にとって重要なポイントです。逆に、睡眠不足が恒常化しているような場合は、軟毛化が進行することになります。近年の研究では、最低でも連続して3時間以上の睡眠が必要と判明しており、
質の良い睡眠を心掛けることが育毛の成功につながることになります。


(出典:http://xn--e-pi2bo28b76oh5l.com/wp-content/uploads/2015/10/kikenna-nukege-1.jpg

まとめ

いかがでしたでしょうか?なお、これらの全てを一度に取り組むのは大変であり、出来ることからスタートするのがオススメです。無理をするとストレスの原因となり、抜け毛を増やすという思わしくない結果に陥るからです。無理なくできそうなものを選択して、楽しみながら続けるのが効果的です。くれぐれも健康を損ねることがないように、注意して実践しましょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。