M-1ミストの副作用徹底検証!アルコールのかぶれにご注意!

M-1ミストは、累計販売本数40万本と育毛剤の中ではトップクラスのヒット商品です。ただし、人気があることと信頼できる商品であることはイコールというわけではありません。そこで、果たして本当に安心して使用して良いのかについて検証してみることにします。

(出典:http://www.saravio.jp/upload/save_image/01061253_54ab5c30a2999.jpg

M-1ミストに副作用はあるのか?

育毛剤は、効果と共に安全性において優れているということが使用するうえでの絶対条件です。それは、髪の毛が伸びるスピードは1か月に1センチメートル程度なので、薄毛が改善するまでにはある程度の日数が必要となるからです。このために、育毛剤を使用する場合は、最低でも半年以上は継続しなくてはなりません。

ところが、育毛剤の中には刺激が強い成分を配合しているものもあるので、頭皮に異常が生じるケースも少なくはありません。このような商品では継続して利用することは出来ないので、育毛剤選びでは安全性という点は非常に重要なポイントとなります。果たしてM-1育毛ミストの場合は、どうなのでしょうか?まずは、基本的な内容から見ていくことにしましょう。

M1育毛ミストは、医薬部外品指定を受けている育毛剤で、センブリエキス・グリチルリチン酸2K・ニンジンエキスという3種類の厚生労働省が承認している有効成分を配合しています。これらによる具体的な効果は、頭皮の血行促進と殺菌、皮脂の抑制等です。

なお医薬部外品とは、化粧品と医薬品の中間的な位置づけで、一定以上の医学的効果が認められることが条件となります。育毛剤以外では、入浴剤や薬用石鹸、薬用歯磨き等が主な商品となります。これらは、いずれも急激に良化するというよりも、作用が緩やかで負担が少ないという点が共通しています。つまり、医薬部外品に分類されているアイテムは、安全性が高いということが基本的な特徴と見て取ることが出来ます。

ただし、育毛剤の場合は医薬部外品指定を受けているからといって安心できるというわけではありません。なぜなら、頭皮がかぶれたり赤くなったりするものがあるからです。これは、配合成分の中に問題のあるものが含まれていることが原因です。

M1育毛ミストの主成分の3種類は、いずれも漢方薬で使用されているように安全性が高いということが共通しています。唯一、グリチルリチン酸2Kには、手足のしびれやむくみ、頭痛という副作用が報告されていますが、これは大量に経口摂取した場合のことで外用で起きる問題ではありません。

つまり、M1育毛ミストは医薬部外品指定を受けているうえに、有効成分も安全なものを使用しているので、基本的には副作用の心配はないということになります。次節以降は、その根拠を示していくことにします。


(出典:http://xn--m-1-7k4bzcwgn09t4efn97dppth62a.xyz/img/header.jpg

M1育毛ミストの成分の内容

現在販売されている育毛剤は、20種類を超える成分を配合している商品が主流となっています。これは、様々な角度からアプローチするためで、色々な原因の薄毛に対応するということを目的としているからです。ところが、M1育毛ミストの場合は、全部で5種類しか使用していません。

その内の3種類は、厚生労働省認可の育毛成分のセンブリエキス・グリチルリチン酸2K・ニンジンエキスで、これに加水分解酵母エキスと加水分解ケラチンの2種類を加えて全部で5種類という内容です。

まず、加水酵母分解エキスとは、発毛指令を発信する毛乳頭細胞の繊毛を1.6倍の長さに伸ばすという作用がある成分で、M1育毛ミストの中で最も重要な役割を担っています。この成分は、酵母から加水分解して抽出したもので、ビタミンやミネラル等の栄養素も豊富に含有しています。これらにより、コラーゲンやヒアルロン酸といった潤い成分の生成を促進するので、頭皮の乾燥を防ぐという効果も発揮します。

次に、加水分解ケラチンは頭髪や爪、皮膚に含まれているたんぱく質で、ケラチンを加水分解して得られる成分です。頭髪の内部の繊維質を補強する作用があるので、コシやハリを形成します。つまり、頭髪を太くする効果を期待できるということで、軟毛化している場合には特に有効です。

なお、この加水酵母分解エキスと加水分解ケラチンは、美容や健康に関する幅広い分野で利用されており、副作用等の危険性については報告されていません。このためにM1育毛ミストに配合されている5種類の成分は、いずれも安全性において信頼できるということになります。


(出典:http://www.yawata.tv/img/items/uruoicream/s_13.jpg

結論

育毛剤を使用して頭皮に異常が生じるのは、多くはアルコールが原因です。これは、雑菌の混入等で中身が劣化することを防ぐために使用しているのですが、頭皮を保護する役目を担っている皮脂を除去してしまうので、刺激に対して弱い状況を作ってしまうのです。

また、アルコールに対しての耐性は遺伝により決定すると考えられているのですが、日本人の場合はアルコール耐性を持たない人が大部分を占めています。このために、アルコールを配合している育毛剤を使用すると、かぶれてしまうケースが多いということになります。

これに対してM1育毛ミストは、アルコールフリーの育毛剤で、頭皮が敏感なタイプの人でも安心して利用できます。これに加えて配合成分も全て安全なので、副作用の危険がないということが結論となります。


(出典:http://xn--m-1-yb4bzo8a7g9he1777fyxcb59fvsl874e.xyz/img/0c16ea1176c79aeece68a8264b7871e2.png

まとめ

M1育毛ミストは、これまで述べてきたように基本的には安心して利用できる育毛剤で、正しく利用している限りトラブルに見舞われる心配はありません。なお、メーカーでは1か月で1本を使い切るペースが理想的としており、これ以内であれば安全ということになります。

ちなみに、同じ量を使用するのであれば、2回に分けて使う方が一般的には効果的と考えられています。これは、有効成分の血中濃度が一定になるからで、多くの育毛剤では朝と晩の使用を推奨しています。また、2回に分けて使用すると頭皮への負担も軽くなるので、トラブルの予防という点でも有効です。これは、M1育毛ミストでも同様であり、メーカー推奨の使用量を守ったうえで、朝晩2回の使用がオススメです。


(出典:http://xn--m-1-yb4bzo8a7g9he1777fyxcb59fvsl874e.xyz/img/0c16ea1176c79aeece68a8264b7871e2.png

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。