男性のハゲ方のパターン全種類紹介!それぞれの原因と対策

一言でハゲと言っても、実は種類がいくつもあります。種類によっても対処法も様々。

さっそく見てみましょう。

その前に、まずは男性を苦しめるハゲの元凶、AGAについて説明します。

ハゲの元凶「AGA」とは?

 

AGAとは、男性型脱毛症のこと。

そもそも、なぜ男性は禿げてしまうのか?女性はなぜ男性ほど禿げにくいのか?それは、男性ホルモンが影響しています。男性ホルモンは生殖に関わり、男らしい体つきを作るためには欠かせません。
男性ホルモンにも多くの種類がありますが、ハゲの元凶になるホルモンはジヒドロテストステロンというホルモンです。

これは、遊離テストステロンというホルモンが5αリダクターゼという酵素に触れて、変化したもの。このホルモンが、頭皮に点在する男性ホルモン受容体を刺激し、発毛サイクルを短くしてしまいます。
その結果、髪が抜けて再び生えても成長せず、産毛のまま抜け落ちてしまいます。頭皮から皮脂を多く出す作用もあるため、毛穴を塞いで育毛を邪魔するとも言われています。

  • 遊離テストステロンが多い
  • 5αリダクターゼの活性が高い人
  • 男性ホルモン受容体の反応が良い人

に、禿げやすい傾向があります。

img_section03_tcm13-6620
出典:http://iimoo.com/top

 

男性型脱毛症(AGA)は、一般的に30~40代から症状が目立ちはじめ、50代以降になると多くの方がこれに該当します。 加齢と共に髪が細くなり、やがて抜けてしまいます。

10代~20代に見られる若ハゲの多くは、この男性型脱毛症が原因ともいわれており、若いうちに発症した場合は別名で、若年性脱毛症と呼ばれています。

男性ホルモンが前頭部と頭頂部の毛根に存在する「5-アルファリダクターゼ」と呼ばれる酵素の影響で、髪の毛の成長を妨げる脱毛ホルモン「DHT」に変換され、毛髪が充分に成長する前に抜け落ちてしまい、産毛ばかりになって毛がないように見えるのです。つまり、毛サイクルの乱れが原因ですので、毛根は死んだわけではなくしっかりと生きています。

側頭部と後頭部は、男性ホルモンの影響を受けやすい細胞が少ないので、それ以外の箇所の髪が細く、薄くなるためにMやU、O型に進行します。

引用:http://ikumou-net.info/syurui/

 

なんだか小難しく書かれていますが、つまり、若ハゲは男性ホルモンが大きく関係しているということです。

そしてその中でも様々な種類があるので、ここから種類別の薄毛症状とその対策について見ていきます。

 

3種類のハゲの原因と対策

ハゲ3パターン
(出典:http://hatumou-life.com/miji-hage-chiryou-ikumou-01/

 

「M字型ハゲ」

 

M字ハゲ

(出典:http://www.cmul.org/

 

額の両側を剃ったように後退する脱毛症です。
M字型ハゲはなりやすい人種があり、特に白人に多い傾向があります。欧米の俳優でもM字型ハゲの人はちらほら見かけると思いますが、それほど一般的な症状です。日本人にも比較的多く見られます。
M字型ハゲの原因は、AGAです。典型的なAGA症状の一つで、改善するにはAGAの元を絶つしかありません。M字型ハゲの人は、こめかみ辺りに多くの男性ホルモン受容体を持っています。そのため、発毛サイクルを縮めるジヒドロテストステロンの影響を受けやすいのです。
とはいえ、元凶は男性ホルモン。まさか男性ホルモンを取り除くわけにはいかないので、AGAに至る前に遮断します。

5αリダクターゼ阻害薬という薬を服用、または塗ることで、悪化を食い止める可能性が上がります。早ければ早いほど効果があります。どれだけ薬を使っても、全く生えなくなった場所に生やすことはできません。死んだ毛根を再生するのは、現在の医療技術ではまだ実現できないからです。

iPS細胞研究で糸口は見えてはいますが、たとえ実現しても、おそらく目が飛び出るような金額を請求されるでしょう。

 

「O字型ハゲ」

 

O字型ハゲ

(出典:https://hagelabo.jp/articles/862

スポンサードリンク

頭のてっぺんから薄毛が進行するタイプ。いわゆる河童ハゲとも言いますが、上から見るとOに見えることからO字型ハゲと呼ばれます。
日本人に多いタイプで、AGAはもちろん、良くない生活習慣や誤った頭皮ケアなどで悪化することもあります。頭頂部から禿げるので、なかなか本人も気づきにくいのも特徴。出来るだけ家族や友人などにチェックしてもらいましょう。
まずは生活習慣を見直しましょう。毛髪は血液から運ばれる酸素や栄養で育ちます。喫煙は血管を縮め、血流を悪くしてしまいます。脂っこい食事が続くと血中コレステロール値が高まり、血管を詰まらせてしまいます。結果、血流も悪くなりハゲの原因になりかねません。油ものや肉の食べ過ぎは気をつけましょう。
正しい頭皮ケアを心がけると、頭皮が柔らかくなり血流も改善します。髪を洗うときは爪を立てるのではなく、指の腹で優しく擦りましょう。ガシガシ洗うのではなく、頭皮を動かすことが大事です。洗った気分になれない!という場合は、ゴム製の洗髪ブラシで洗うと良いでしょう。シャンプーブラシ、頭皮クレンジングブラシなど、いろんな名前で販売しています。

ここで注意したいのは、ゴシゴシ洗うとかえって頭皮を痛めてしまうこと。ブラシを使うときも頭皮を洗うのではなく、「頭皮を動かす」ことを意識すると改善しやすいです。
AGAが原因のことも多いため、併せてAGA治療を行うことも大事です。

「U字またはA字型ハゲ」

 

U字型ハゲ

(出典:http://www.rycowebmarketing.com/archives/148

額の生え際が、一律に後退していくタイプ。こちらも日本人に多く、多くの人を悩ませています。
こちらも原因はAGAや生活習慣などが、複雑に絡み合っています。ストレスなどで血流が悪化することも原因の一つ。なかなか難しいですが、気が晴れるような趣味を持ち、いかにストレスを流すかがポイントです。温泉に浸かるのも良し、ウォーキングなど有酸素運動を楽しむのも良し。会社以外の世界に友人を持つことも大事です。
ただ、喫煙は止めておきましょう。手軽にストレス解消できるのは良いのですが、ニコチンの血流を悪化させる作用は脱毛を進める元凶です。喫煙に走るくらいなら、適切な量の飲酒のほうが、ずっと体には良いでしょう。
U字型ハゲは、M字型ハゲが進行して起こることがあります。かなり脱毛が進んだ状態とも言えるので、できるだけ早く治療や対策を打つ必要があります。これ以上悪化させないためにも、AGA治療と併せて行うことも、視野に入れましょう。

 

脱毛症の種類について

 

ここまで基本的な3種類のハゲ方について見てきました。

次は、脱毛症の種類を紹介していきます。

脂漏(しろう)性脱毛症

皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まって脱毛してしまうはげ方です。頭皮がギトギトで油っぽくなります。

原因としては、過剰な洗髪や洗浄力が強すぎるシャンプーの使用によって、皮脂を取りすぎてしまい、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまうことが考えられます。また、逆に頭皮を清潔に保たないことも脂漏性脱毛症の原因の一つにあげられます。症状としては、頭皮の赤みや、かゆみが発生し、フケが湿っぽい傾向があります。

対策法
専用の育毛シャンプーなどで、毎日しっかりと毛穴に詰まった皮脂を適度に取り除くことが有効と言われています。

引用:http://ikumou-net.info/syurui/

こちらは普段のお手入れが原因で、毛穴が詰まってしまうタイプの脱毛症状です。

シャンプーの質ややり方の改善によって、治療が可能なので、普段のシャンプーを見直してみてください。

 

瀰漫(びまん)性脱毛症

 

瀰漫(びまん)とは一面に広がるという意味です。一部ではなく頭全体の髪の毛が薄くなる禿げ方です。30代後半や、40代の女性に多い症状で、「女性型脱毛症」とも言われています。

男性型脱毛症とは違って、生え際が後退することはありません。原因としては老化やストレス、パーマやカラーリングなどの過剰なヘアケアや、生活習慣などが考えられます。過度なダイエットや薬によって休止期を迎える毛が増えることも原因とされています。

対策法
生活を見直すとともに、栄養を与えてあげることで比較的短期間で改善するといわれています。

引用:http://ikumou-net.info/syurui/

こちらは女性に多い脱毛症状です。

珍しいですね。

このタイプも生活習慣やシャンプーを見直すことで改善が可能なので、普段の生活を改めてみてください。

粃糠(ひこう)性脱毛症

 

乾いてカサカサしたフケが大量に発生する症状で、頭皮アレルギーの一種。主な原因は、過度な洗髪や、パーマ、ヘアカラーなどの行き過ぎたヘアケアによって発症することが多いとされています。フケが毛穴につまり脱毛を誘発したり、かゆみを伴うケースもあります。

対策法
頭皮に刺激の少ないシャンプーを使用して、頻繁なパーマやカラーリングを避けるようにしましょう。

引用:http://ikumou-net.info/syurui/

こちらはフケが発生するタイプの症状です。

過剰な刺激が原因なので、頭皮に優しい生活を心がけましょう。

 

牽引(けんいん)性脱毛症

 

ポニーテールなどのように、髪をまとめて強く引っ張っぱるような髪形を続けることで、負荷がかかった髪の毛が抜けてしまう症状です。

対策法
慢性ではないため、髪に負担をかけないことで改善します。

引用:http://ikumou-net.info/syurui/

こちらも女性に多い症状です。

とくにバレエなど職業柄髪型をきっちり整えなければならない方は要注意です。

しかし負担を軽減すればすぐに治るので、対処法は簡単です。

 

まとめ

 

このように、様々なタイプのハゲがありますが、それぞれが関わりあっていることも少なくありません。

M字やU字と、O字が同時に進行することもあります。これは髪の生え際と頭頂の頭皮に、男性ホルモン受容体が多いためです。前後の二方面から攻められると、守備も大変。

出来るだけ早めに対処をしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*