諸刃の剣?キャピキシルの副作用。

テレビ等のメディアで盛んに宣伝されている様に、現在では医療機関による薄毛治療が本格的に行われる様になっています。これは、医学的に効果が確認されているプロぺシアやミノキシジルといった治療薬が登場したということが関係しており、かなり進行した薄毛であっても元の状態にまで回復させられる可能性があります。

ただし、効果が期待できる半面として、高確率で副作用が生じるということも認識しておかなくてはなりません。具体的には、プロペシアの場合は頻尿や性機能障害で、ミノキシジルの場合は低血圧やムダ毛の増加です。この様な問題が発生する理由は、プロペシアはDHTという物質の生産量を減少するという作用があり、ミノキシジルは血管を拡張するうえに頭髪以外の毛根にも作用するからです。

ところが、これらの成分と同等の効果を期待できるキャピキシルは、副作用の心配が無いとされています。これは、どのような理由によるものなのかについて、使用した人の体験談を参考にしながら検証していくことにします。


(出典:http://caredeself.net/wp-content/uploads/2015/01/390103_1.jpg

キャピキシルが注目されている理由

キャピキシルは、カナダの化粧品原料メーカーのLUCAS MEYER COSMETICS社が開発したもので、ここ数年で最も注目を集めている育毛成分といっても過言ではありません。日本では、2014年ごろからこの成分が配合された育毛アイテムの販売が開始される様になり、現在までに数種類が提供されています。

この成分が注目を集めている理由は、ミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できると紹介されたからです。その内容はというと、ミノキシジルが発毛促進に特化した作用なのに対して、キャピキシルは抜け毛防止と毛包の修復と複数の角度からアプローチするからです。

しかもミノキシジルとは違い安全で副作用の危険もないので、安心して利用できるというメリットもあります。このように、多様な魅力があるということで、現在提供されているキャピキシル系のヘアアイテムはいずれも好調な売れ行きを記録しています。それでは、これから利用した人達の感想について紹介していくことにします。


(出典:http://finjia.tokyo/wp-content/uploads/2016/03/imasia_12741493_M-340×220.jpg

キャピキシルの口コミ

キャピキシル配合の商品は、Deeper3D、ボストンスカルプエッセンス、フィンジア、Scalp5.0Cなどが提供されています。この中で最初に登場したDeeper3Dの口コミについて紹介していきます。

使用1ヶ月
確かに効果が目に見えてわかります! 投稿日 2014/11/20

Deeper3Dを使い始めてから、明らかに抜け毛が減って、産毛が目立つようになってきました。
今まで透けていた部分も、場所によっては透けていない状態です!
ミノキシジルよりも効果あります! 投稿日 2014/9/6

まさかと思っていましたが、ほんとに生えるものなんですね笑
いつもお使いのものがある方は一度だけでも比べてみて下さい。 投稿日2014/7/15

およそ20年、何を使っても一切何の反応も好転もありませんでしたが、この商品には驚きました。
確かに地肌が見えなくなる程、うぶ毛が生えてきます。しかし、太く育ちません。
生えては抜け、生えては抜けの連続です。ヘビースモークが問題なのでしょうか? 投稿日 2014/5/6

昔から、カラーリングをしているのでスカルプケアには気を付けています。
Deeper3Dに入っているグロースファクターはもともと体内にも存在する。
という事が決め手となり購入しました。
スポイトで塗布するのが、使い勝手もよく今後の変化に期待してます。 投稿日 2014/11/16

引用:http://xn--deeper3d-g32mw169b.com/

この様に、効果を体感できたという口コミがある一方で、上手くいっていない様子が見て取れるものもあり、内容は多様です。また、ミノキシジルよりも効果があると記されていますが、この様にはっきりとした口コミは全体の中ではごく少数に過ぎません。これは、Deeper3D以外のキャピキシル系の商品に共通した傾向で、ミノキシジルの3倍の育毛効果という評判については相当疑問と言わざるをえません。

一方、今回紹介した口コミの中で頭皮や頭髪、体調などに不具合が生じたというものが1件もないように、キャピキシル系の商品で副作用に見舞われたという感想はほとんどありません。これは、副作用が無いというメーカーの発表を裏付ける結果となっています。それでは、キャピキシルを使用しても副作用が起こらない理由について考えてみることにしましょう。


(出典:http://ikumounin.com/img/asetirutetora.png

キャピキシルが安全な理由

キャピキシルは、自然界にそのまま存在している天然成分ではなく、人口的に合成して作られたものです。その原料は、ムラサキツメクサの花から抽出したエキスと、4種類のアミノ酸から構成されているアセチルペプチド-3というペプチド化合物です。

この内、ムラサキツメクサの花から抽出したエキスには抜け毛予防の効果があり、アセチルペプチド-3は発毛促進と毛包の修復という効果があります。なお、これらをミックスして製造したキャピキシルが安全な理由は、それぞれを構成している成分を理解すれば納得することが出来ます。

まず、ムラサキツメクサは、アカツメクサやレッドクローバーとも呼ばれている天然ハーブで、欧米では咳どめや更年期障害治療に利用されてきた歴史があり、もう一方のアセチルペプチド-3は身体を構成するアミノ酸を組み合わせたものです。このために、両方とも非常に安全な成分で、これらを合成しても危険性が高まるということはありません。つまり、口コミ同様に副作用に見舞われる様な危険はないということになります。


(出典:http://ponpare.jp/images/coupons/pict/5/49/00001894951859909.jpg

まとめ

この様に、キャピキシルという成分には、プロペシアやミノキシジルの様な副作用の心配はないということがおわかりいただけたと思います。ただし、だからといってキャピキシルを配合している商品の全てが同様に危険が無いというわけではありません。それは、他の成分も配合しているからです。

例えば、キャピキシル配合の育毛ケアとして最も新しいフィンジアには、ピディオキシジルという成分も配合しているのがセールスポイントになっているのですが、この成分はミノキシジルと非常に類似した分子構造をしています。このために、同様の発毛効果を期待できる一方で、血圧の低下や体毛の増加等の副作用が起きる可能性もゼロというわけではありません。

この様なケースもあるので、キャピキシル系の商品を購入する場合は、他の成分の内容についても調べる必要があります。


(出典:http://capixyl-navi.com/wp-content/uploads/pidioxidil.png

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。