使用感は最高、効果は微妙?キャピキシルの効果徹底検証!

Capixyl

薄毛の予防や改善のために使用する最もメジャーなアイテムである育毛剤は、頭皮から有効成分を浸透させることにより、抜け毛予防や発毛の促進を実現するということを目的としています。このために、配合されている成分は非常に重要であり、商品を選択するうえでのポイントとなります。

ちなみに、現在の育毛剤に配合されている成分の中で、最も有効性が承認されているのが大正製薬のリアップに配合されているミノキシジルです。この成分は、2010年に日本皮膚科学会により作成された男性型脱毛症診療ガイドラインの中で、外用治療の第一選択薬として強く推奨できると評価されています。

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

ところが、このミノキシジルの3倍の効果を期待できるという成分が登場しており、近年注目を集めています。この成分はキャピキシルという名前で、徐々にデータも揃ってきたという状況になりつつあります。そこで、これからこのキャピキシルについての効果を、使用した人の感想を参考にしながら検証していくことにします。


(出典:http://hatumou-life.com/wp-content/uploads/2015/04/Capixyl.png

キャピキシルとは?

キャピキシルは、カナダの化学原料製造販売メーカーのLucas Meyer Cosmeticsが開発した成分で、アカツメクサという天然ハーブから抽出したエキスとアセチルテトラペプチド-3というペプチド化合物を原料としています。

なお、ミノキシジルの3倍の効果を期待できるという表現は、Lucas Meyer Cosmeticsが公表しているデータが根拠となっています。ただし正確には、培養細胞を使用した実験により、Hair growth activityを3倍増殖することに成功したというのが正式な内容です。

ちなみに、このHair growth activityとは、毛母細胞が発毛信号を受けた際に分泌される物質と推測されていますが、実態については明らかにされていません。このために、ミノキシジルの3倍の効果という表現自体も、額面通りには受け取れないということになります。


(出典:http://xn--ipws9ai59b65d.com/img/logo_capi02.png

キャピキシルが育毛剤でない理由

キャピキシルを配合している商品は、日本では2013年ごろから登場しており、その後徐々に増加しているという状況です。いずれもマイナーなメーカーが提供しているということが関係しており、テレビなどの大手メディアで紹介されることはほとんどありません。このために、評価や評判については大部分がインターネットが中心で、実際に利用した人の感想も調べることが可能です。

なお、キャピキシルを配合している商品は全てスカルプエッセンスという化粧品に分類されており、医学的な効果については日本では承認されていません。このために、頭髪の成長をサポートするために頭皮に液体を塗布するという同様の使い方にもかかわらず、育毛剤とは違うジャンルの商品として取り扱われています。

ただし、これはキャピキシルに効果が無いということではありません。キャピキシルは、天然ハーブとペプチド化合物を原料としており、成長因子を主成分としています。この成長因子は、研究により細胞を成長させる作用があることが確認されたたんぱく質のことです。

このたんぱく質は、現在のところ有効成分とは認められていないので、効果や効能を表示することは出来ません。これが、キャピキシルが化粧品に分類されている理由で、医薬品や医薬部外品の認定を受けていないので、育毛剤と表記できないということになります。なお、だからといって効果が無いというわけではありません。


(出典:http://xn--88j2fxd1eu844a.biz/img/2016-04-26%2020.01.14.jpg

キャピキシルの効果と副作用

キャピキシルの効果を知るために便利なのが、実際に使用した人のレビューが記されている口コミです。現在、キャピキシル系の商品は、ボストン スカルプエッセンス、ザ・スカルプ5.0c、Deeper3D、フィンジアなど複数の種類が販売されているので、それらの口コミを紹介することにします。

使用期間がまだ短いので、育毛効果は分からないですが、指通りやツヤ感が違ってきた様に感じます。
もう少し頭頂部などがフサフサっとなってくれると嬉しいので、期待して続けてみようと思います。

ぺたんっとしていた頭頂部の髪がふわっとしている感じ。
最近は抜け毛も多かったのですがコチラも減ってきているようです。
このまま続けて、しっかりした髪を育てていきたいと思います。

今のところ生えきったというところは目に見えませんが、使用感はいいし、継続して髪の毛が生えて行ったらいいな、と期待を込めて使っています・・・。

引用:http://www.usugekaizen.org/capixy/hyouka.html
これらの口コミを見て目に付くのが、使用感についての評価が高い一方で確実な効果を体感していないということです。これは、キャピキシル系の商品に関する口コミに共通しており、紹介したもの以外でも同様の傾向となっています。つまり、薄毛を確実に改善できるというレベルには達していないということになります。

また、もう一方の特徴である使用感の良さも共通しており、副作用を体験したという口コミはほとんどありませんでした。これは、キャピキシルの原料からみても妥当な結果と考えられます。まず、アカツメクサはヨーロッパでは民間医療でも使用されていた安全な成分であり、もう片方のペプチド化合物の構成成分は基本的にはたんぱく質です。つまり、副作用を起こす様な危険はないので、安心して利用することが出来ます。


(出典:http://capixyl-navi.com/wp-content/uploads/capixyl-navi4.png

キャピキシルのまとめ

キャピキシルを利用した人の口コミを総合して考えてみると、どうやらミノキシジルの3倍の効果という言葉は過大評価と言えそうです。ミノキシジルの場合は、かなり進行した薄毛を回復させたケースが画像付きで多数報告されているのですが、キャピキシルに関してはほとんど見当たらないからです。

ただし、抜け毛の減少や現状維持に成功したという体験談は少なくはないので、全く効果を期待できないというわけではありません。このために、薄毛の改善よりも将来的な予防として利用するのに向いている成分ということになります。また、副作用の危険が無いので、安全性が高いということもキャピキシルの特徴でありメリットと言えます。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*