【髪型に異変】アラサーイケメン芸能人を次々と襲うM字ハゲの恐怖。

M字ハゲとは、生え際の剃り込み部分が角が生えたようになってしまう薄毛のことで、男性ホルモンが変化した物質が根本的な原因です。なお、この症状は正式にはAGAという名前で、日本では他に男性ホルモン型脱毛症とも呼ばれています。

この症状は、母型から受け継ぐX 染色体が発症に関与していると考えられており、日本人男性では約30%前後の割合にみられるものです。また、原因物質の材料となるテストステロンは、思春期以降に分泌量が急増するので、これ以降に徐々に進行することになります。

ちなみに、皮膚科学の社団法人の日本皮膚科学会によると、AGAが発症するのは20歳代後半から30歳代が著明としており、アラサーあたりから増加していくということになります。

なお、このような不運に見舞われるのは何も一般人に限ったことではありません。芸能人でも同様であり、特に容姿端麗なイケメンの場合はイメージが激変してしまいます。

このために、AGAが発症した芸能人の多くは、ヘアスタイルを変えるなどの工夫で乗り越えようとしています。これらを調べることにより、M字ハゲのごまかし方を学習することにつながるので、これから2~3のケースを紹介することにします。


(出典:http://illust-hp.com/img/usuge6.png

ISSAの場合

ISSAさんは、1978年12月9日生まれの現在37歳で、1990年代の後半から2000年代の前半にかけてDA PUMPのボーカルとして一世を風靡しました。その後、一時メディアに登場する機会が少なくなったのですが、これには薄毛が原因という説も一部で囁かれています。


(出典:http://ecx.images-amazon.com/images/I/61o18u%2Br8eL._SL500_AA280_.jpg


(出典:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2012/11/20121128_masudayuka_38.jpg


(出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/akb48matomemory/imgs/c/8/c81de9c4.jpg
ちなみに、上から18歳、24歳、36歳時の画像です。一際目立つのが真ん中の画像で、これから12年経過した最後の画像では顕著な回復を見て取ることが出来ます。このように回復した理由については説明されていないので真相は不明ですが、自毛植毛ではないかという噂が囁かれています。

ちなみに、自毛植毛とは後頭部の毛根組織を薄毛部分に移植するという外科治療で、1年間で20万件以上実施していることが報告されています。この内の10%以上は女性が占めており、成功率は実に80%と高確率を記録しています。海外では、有名スポーツ選手が成功した事をカミングアウトしており、確実性の高い薄毛治療として注目を集めています。また、前述した日本皮膚科学会でも推奨できる治療法と評価しています。


(出典:https://www.rs-clinic.com/images/topic/artas/201408/img16.jpg

 

北島康介の場合

芸能人ではありませんが、アテネと北京オリンピックで連続して2個の金メダルを獲得した天才スイマーの北島康介選手も、20歳代の後半から生え際が高くなっていると言われている内の一人です。


(出典:http://www.joc.or.jp/games/olympic/athens/sports/swimming/team/images/kitajimakosuke.jpg

スポンサードリンク


(出典:http://chae01jp.up.n.seesaa.net/chae01jp/image/A3B2CFA2C7C6A4CEB6E2.jpg?d=a1/a>)


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/tobiuojapan/imgs/5/e/5e8f377b.jpg


(出典:http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160410001060_comm.jpg
上から、2004年、2008年、2012年、2016年で、いずれもオリンピックイヤーに撮影された画像です。上から3番目までは、生え際が高くなっている状態が確認できますが、一番最後の画像では踏みとどまっている様にも見えます。これは、引退会見の時の様子なのですが、プレッシャーから解き放たれたことにより、薄毛の進行も止まったのかもしれません。


(出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/hatima/imgs/8/9/895c3fd6.png

妻夫木聡の場合

一見すると分かりませんが、意外なことにM字ハゲが進行しているのが妻夫木聡さんです。かなり若く見えますが、実は北島康介選手よりも2歳年上の1980年生まれの35歳で、AGAが発症しやすい年齢に差し掛かっています。


(出典:http://img.cinematoday.jp/res/T0/00/52/v1171610061/T0005240.jpg


(出典:http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/08/0000227608/42/img88db8d20zikezj.jpeg
上の画像は、20歳の時の初主演映画ウォーターボーイズでのワンシーンで、下の画像はそれから7年後のマジックアワーという作品の時に撮影されたものです。20歳の時には水に濡れていてもボリュームを感じさせた頭髪が、27歳になると少なくなっている様に見えてしまいます。

また、右の生え際が奥の方に向かって広がっており、典型的なM字ハゲの様にも見えます。


(出典:http://cdn2.natalie.mu/media/eiga/1601/0119/extra/news_xlarge__DSC_0043.jpg

ただし、それから8年後の2016年になると、ご覧の様に頭髪のボリュームは復活しているように見えます。生え際の状態は、はっきりとは分かりませんが、少なくとも薄毛が進行しているとは言えない状況です。

 

まとめ芸能人のM字ハゲの進行が止まった理由

このように、今回紹介した有名人のみなさんは、ピーク時よりも現在の方がM字ハゲが改善した状態となっています。一番最初のISSAさんのケースは手術を行った可能性が指摘されるほど劇的な変化ですが、後の2人はそれよりもかなりナチュラルな回復です。

なお、現在ではM字ハゲなどのAGAの進行を高確率で防止するプロペシアという治療薬が開発されています。この治療薬は、薄毛が発症してから10年間以内であれば元の状態にまで回復させることが可能と言われています。

北島康介さんと妻夫木聡さんがプロペシアを服用したとは断言できませんが、これぐらいの状態からであれば充分に復活させることが出来るので、M字ハゲに悩んでいる人にとっては期待が持てる状況です。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*