M字ハゲでも完全回復する?!植毛せずに生え際を復活させた驚きの体験談

M字ハゲとは、中年以降の男性に多く見られるタイプで、生え際があがっていく薄毛のことです。このタイプが、男性にばかり集中して発生するのはホルモンが関係しているからです。

具体的には、男性ホルモンのテストステロンが変化したDHTが原因であり、この物質がヘアサイクルを狂わせることで短い状態での抜け毛が増加してしまうのです。

なお、DHTの生産に関与しているⅡ型の5αリダクターゼという還元酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているので、薄毛はこの範囲に集中することになります。

このために、M字ハゲだけではなく頭頂部にお皿がのっている様な状態になるO字ハゲも、全く同じ原因です。これらのDHTが原因の薄毛のことは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。

ちなみに、現在では医学的に効果を確認されている治療法が開発されているので、進行を高確率で防止することが可能です。この改善策と内容について、これから説明することにします。


(出典:http://scalp-d.angfa-store.jp/hair-doctor/ignorance/496

 

M字ハゲの改善策

M字ハゲを含むAGAに対しては、原因物質DHTの生産を抑制するという治療法が主流です。その代表が、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬です。この薬は、テストステロンをDHTに変換するⅡ型の5αリダクターゼの活性阻害剤で、世界60カ国以上で使用されています。

なお、このプロペシアは、既に日本の厚生労働省にも10年以上前の2005年に承認されており、AGA治療を行っている医療機関で処方されています。ちなみに、承認するにあたって実施された1年間の臨床試験では、かなりの高確率で不変以上の効果があったことが確認されています。

プロペシアの利用法は、1日に1度、水かお湯で飲むだけという簡単な内容で、食前や食後などの厳密な規定はありません。また、M字ハゲに直接アプローチするのではなく、原因物質の生産を抑制するという内容で、効果を体感するまでには最低でも半年程度の期間が必要となります。


(出典:http://blog.livedoor.jp/shimuraskinclinic/archives/cat_50048738.html

 

プロペシアによりM字ハゲが改善したケース

AGA(男性型脱毛症)の治療薬でプロペシアという内服薬があります。
非常に効果が高いお薬で3年間飲むと80%の方が改善します。
私も念のため内服を続けています

今日受診された方は半年間の内服でかなりいい感じになっていました。患者さんに許可をもらいましたので写真を掲載しておきます。

引用元:http://blog.livedoor.jp/shimuraskinclinic/archives/cat_50048738.html


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/shimuraskinclinic/imgs/6/3/63d616a6.jpgL


(出典:http://livedoor.blogimg.jp/shimuraskinclinic/imgs/5/6/5635b4a2.jpg
ご覧のように、鋭角になっていた生え際が、新たに生えてきた頭髪により埋まっている様子を見て取ることが出来ます。この成功者は、元々M字ハゲと呼ばれるほど進行してはいないのですが、プロペシアは早い段階ほど効果的であり、気になる時点で使用するのが適当と言えます。

これは、プロペシアは頭皮や頭髪に対しての作用は何もないからで、毛根が正常に機能しなくなった状態から回復させる能力はありません。このために、M字ハゲが進行してしまった場合は、これ以外の方法を選択する必要があります。

進行したM字ハゲが改善したケース


(出典: http://livedoor.blogimg.jp/shimuraskinclinic/imgs/2/9/29e1e33c.jpg
こちらは、プロペシアに加えて、ミノキシジルタブレットと亜鉛サプリ、さらにオリジナルのシャンプーによりM字ハゲを解消したケースです。なお、ミノキシジルタブレットとは、第1類医薬品リアップに配合されている有効成分ミノキシジルの内服薬のことで、現在の薄毛治療で使用されているアイテムの中で最も発毛促進効果が高いと考えられています。

このミノキシジルタブレットを使用することにより、正常に機能しなくなった毛根からの発毛も可能となります。上の画像を見れば分かる様に、M字ハゲとO字ハゲを併発している様な状態からでも回復させることが可能です。


(出典:http://xn--nckuad2au4azb6dvd8fna0612p532a.com/wp-content/uploads/2013/09/2013-09-28_164554.png

まとめ

このように、かなり進行した状態からでも医薬品を利用するという方法を行うことにより、M字ハゲから復活させることが出来ます。ちなみに、プロペシアはAGA外来を行っている医療機関で処方されていますが、ミノキシジルタブレットは取り扱っていないケースも少なくはありません。これは、ミノキシジルタブレットに関しては厚生労働省から承認されていないからです。

この内服薬は、薄毛治療を実施している美容クリニックで購入するか、外国の医薬品を取り扱っている個人輸入代行業屋を利用するというのが、入手するための一般的な方法です。なお、ミノキシジルタブレットは、5mgと10mgの2種類があり、進行状態や体調に合わせて適当な量は違ってきます。効果が高い半面、副作用の危険もあるので、出来れば医療機関で診断を受けてから使用するのが適切で、薄毛治療を行っている美容クリニックで購入する方法を推奨します。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。