M字ハゲを少しでも改善したい!そんなあなたがまずやるべきこと

M字ハゲとは、額の生え際、いわゆる剃り込みと呼ばれている部分が、どんどん奥に向かって行く薄毛のタイプのことです。旋毛を中心に広がっていくO字ハゲと同様に薄毛の代表的な状態ですが、圧倒的に男性に多いということがM字ハゲの特徴です。これは、ホルモンの働きが関係しているからです。

このために、このタイプの薄毛は進行した場合に元の状態に戻すのは困難といわれていますが、何も方法がないというわけではありません。ただし、遺伝的な要因が大きく関係しているので、発症自体を努力により防ぐのは難しいと考えられています。

つまり、発症後の対応は非常に重要であり、何も手立てを講じない場合は手遅れになる危険が高いということです。このような事態にならないためにはどうすれば良いのかについて、これから説明していくことにします。

出典:http://mjihage.kuchikomi-net.info

M字ハゲの原因

M字ハゲの大部分は、AGAと呼ばれている脱毛症です。この症状は、男性の薄毛の大部分を占めていると考えられており、DHTという物質が原因で進行します。

このDHTは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化したもので、Ⅱ型の5αリダクターゼという還元酵素が生産に関与しています。この還元酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に存在しているので、薄毛はこの部分に集中することになります。

具体的には、DHTが生え際から頭頂部の毛根内部に存在している毛乳頭細胞のレセプターと結合することにより、この部分の毛母細胞の分裂が抑制されてしまうのです。このために、頭髪の成長は著しく阻害されることになり、短いまま抜けてしまうケースが多くなります。

なお、AGAの初期の段階には、洗髪時に短い毛が占める割合が多くなるということと、前髪が伸びなくなるということを自覚します。これが、さらに進行すると残っているのは短い毛や細い毛ばかりとなり、軟毛化と呼ばれる状況になってしまいます。

そして、最終的には生え際が高くなり、頭頂部までの頭髪が完全になくなる状態へと進行します。ちなみに、このAGAは思春期以降に徐々に発症する確率が高くなっていきますが、日本人男性の場合は20歳代後半から30歳代前半に発症するケースが顕著であり、40代以降に完成に至るのが通常です。

なお、発症のカギを握っているのは毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体の感受性で、これは母型から受け継ぐX染色体により決定すると推測されています。

出典:http://hageryman.jp

スポンサードリンク

手軽にすぐ始められる対策

M字ハゲの大部分を占めているAGAに対しての治療法は、既に確立されています。このために、高確率で進行を防ぐことが可能です。具体的には、原因物質DHTの生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの活性を阻害するというアプローチです。

そして、M字ハゲが初期の状態であれば、普段の生活の中で手軽に始められる対策があります。それは、納豆や豆腐などの大豆食品を食べるという方法です。

これらの大豆系食品にはイソフラボンというポリフェノールの一種が豊富に含まれているのですが、この成分は女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しており、DHTの生産を抑制する作用があります。

また、Ⅱ型5αリダクターゼの活性を阻害する亜鉛というミネラルの一種も含んでいるので、原因物質の生産を複合的に阻害することが可能です。

さらに、緑茶と一緒に摂取することにより、さらに効果を発揮するということが研究により明らかになっているので、これらを食生活に組み込むことにより、自然な回復を期待できます。

出典:http://tokyo-cha.or.jp

即効性がある対策

一方、既にM字ハゲが進行している場合は、食生活の変化だけでは充分に対応することは出来ません。より、即効性が求められる対策が必要となります。

このような状態の人にオススメなのが、AGA治療を行っている医療機関で処方されているプロペシアという内服薬です。この内服薬は、2005年に厚生労働省に承認されており、さらに世界60カ国以上で使用されています。

プロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を抑制するというもので、厚生労働省が1年かけて実施した臨床試験では被験者の98%に効果が確認されています。

なお、プロペシアの効果が発揮されるまでの日数は、早ければ3カ月程度、通常は6カ月から1年間です。ただし、これは頭髪の回復を実感するまでに要する期間で、還元酵素に対しては服用直後に作用します。このために、現在のM字ハゲへの対策法としては、最も即効性において優れているということになります。

出典:http://www.xn--m-qd0b80lpqf.net

まとめ

このように、M字ハゲには、進行状態により適切な対処法は異なっています。また、初期の段階であっても、食生活での対応で効果が実感できないような場合は、医療機関を受診しても構いません。

一番良くないのは、悩むだけで何も行動しないことです。これでは、薄毛が進行するだけではなく、ストレスもたまってしまいます。既に、M字ハゲについては、多くのことが判明しているので、後は実践するだけで効果を実感することが出来ます。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*