M字ハゲ初期の危険信号を見逃さないで!見分け方と早めの対策法

40代以降の中年世代の男性に多く見られる生え際部分の薄毛は、M字ハゲとも呼ばれています。これは、正面からみた時に生え際がMの様な形に見えるからであり、頭頂部が薄くなるO字ハゲと共に男性の薄毛の代表的な状態です。

また、このM字ハゲは薄毛の中で最も改善するのが難しいタイプと考えられており、現在の最先端の治療法を駆使しても現状維持が精一杯です。このために、出来るだけ早い段階で対処しなければ手遅れとなってしまいます。

そのためには、まずは自覚することが重要であり、見極めるポイントを知っておかなくてはなりません。そこで、これからM字ハゲの基本的な内容について説明していくことにします。

出典:https://kotobank.jp/word

つまり、身体の内側で作りだされている物質が原因で進行するということであり、早い場合は10代で発症するケースもあるということです。また、活動が阻害される毛母細胞は、分裂することにより頭髪を成長させている根幹的な部分であり、著しい軟毛化が進むことになります。

具体的には、短い状態での抜け毛が増加するうえに、生え換わりにも時間を要するようになります。このために、洗髪時の抜け毛の中で短い毛が占める割合が多くなるという現象が起きることになります。

また、頭皮の皮脂の分泌量も増加しているので、激しいかゆみが伴うということもAGAの初期の段階での特徴です。つまり、抜け毛に占める短い毛の割合と、皮脂によるかゆみに見舞われた場合は、要注意ということです。

さらに、遺伝的な要因がAGAの発症に深く関与しており、特に母型から受け継ぐX染色体が重要と考えられています。このために、医療機関でのAGA治療では、家族の薄毛を問診により調査します。

ただし、現在ではこの症状の進行の原因物質は判明しており、防止する方法も考案されています。

出典:http://aga.first-clinic.jp

M字ハゲの治療法

M字ハゲの正式な症状名であるAGAは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変換されて作り出されるDHTという物質が原因です。この物質の生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼという還元酵素が、生え際から頭頂部にかけての毛根に分布しているために、この部分に薄毛が集中することになります。

スポンサードリンク

現在のAGAの治療法は、このⅡ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというアプローチが主流です。これにより、DHTの生産が抑制されるので、薄毛の進行が止まるという結果につながります。

このAGA治療の代表が、医療機関で処方されているプロペシアという内服薬です。厚生労働省が承認するにあたって実施した臨床試験では、98%の確率で不変以上の効果が確認されています。

このプロペシアは、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、頭皮や頭髪に対しての作用は何もありません。しかし、原因物質DHTの生産を抑止することにより、AGAによる薄毛の進行を防止します。なお、プロペシアは内服薬ということで飲む育毛剤とも呼ばれています。

出典:http://www.hairmedical.com/

M字ハゲに効果的な育毛剤

なお、M字ハゲなどのAGAの進行を高確率で防止するプロペシアは、費用面での負担がかなり大きいということがデメリットです。これは、頭髪は生命に直接関係している部分ではないからであり、急性の円形脱毛症などの一部の症状以外は、美容目的の治療ということで自由診療に分類されています。

つまり、健康保険が適用されないということで、治療費は全て実費となります。ちなみに、プロペシアの料金はクリニックによってまちまちですが、1カ月分で1万円前後が大体の相場です。

また、現在のところAGA治療は、生涯治療の様な性格を帯びています。つまり、プロペシアも服用を停止すると再び薄毛が進行するということであり、新たな治療法が確立されるか、又は薄毛を受け入れられる精神状態になるまでは続けなくてはならないということです。

このために、何十年もの間、1カ月に1万円前後の出費を続けなければならない状況も十分に考えられるので、経済的に余裕がない人にとっては由々しき問題です。

そこでオススメなのが、類似した効果を期待できる育毛剤の使用です。つまり、Ⅱ型5αリダクターゼの活性を阻害する成分を配合している育毛剤を利用することにより、プロペシア同様にM字ハゲの進行を防止できるということになります。

様々な育毛剤が開発されている中で、M字ハゲを対象としているのが薬用プランテルという商品です。この育毛剤にはヒオウギエキスという有効成分が配合されており、DHTの生産を阻害する効果を期待できます。

ちなみに、定期購入した場合は、1本あたりの金額は税込みで6980円で、50日間使用できます。プロペシアと比較すると費用は50%未満になるので、経済的な負担をかなり軽くすることが出来ます。

出典:http://ikumouzai-erabikata.net

まとめ

このようにM字ハゲの進行を食い止める効果的な方法が現在では開発されているので、諦めない限りは状況を改善することが可能です。ただし、一つ注意しなくてはならない問題があります。

それは、M字ハゲの原因物質のDHTは、ペニスの発育をサポートするという役割も担っているので、未成熟の段階で生産を抑制すると成長が阻害される危険があるということです。

このために、少なくとも内服薬や育毛剤によってDHTの生産を抑制するのは、20歳を超えてからにするのが適当です。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。

コメントを残す

*